猫町軽便の機関車たち

0
    現在制作中のレイアウトは、雀坊軽便鉄道猫町支線と命名しました。
    その由来は後日ご紹介するとして、ここで活躍する車両たちには、過去作成してきた1/87スケールのものは採用せず、猫町支線(通称猫町軽便)という新しい路線にして、車番も1からやり直そうと思います。

    車両は第一に走行性能重視。安定した性能で定評のある、ミニトレインズの機関車たちを中心に、古株ながら良く走るピィコのバリキット+ミニトリックスT3あたりを主役にする事としました。1/87のスケールモデルたちは、お役御免となります。

    しかし、ミニトレインズの機関車たちは、いわゆるエガータイプのカプラーです。
    弊社ではマグネマティックないしKATOカプラーを標準としていますので、換装が必要になります。

    そこで、ここしばらくの間、ミニトレインズの機関車たちのカプラーをマグネマティックに替える作業を続けていました。

    先日、漸く4両目の交換作業を終了し、昨日塗装を済ませて、本日開催される模型仲間の集まりでお披露目という形に漕ぎつけました。

    それら4両の機関車を、改めてご紹介したいと思います。

    1号機:コッペルタイプ改造



    ミニトレインズのコッペルタイプを改造したガチコッペル(笑)です。
    前々回ご紹介したとおり、キャブ窓を楕円にして、ドームを太く加工。シリンダーブロックもコッペル風に改造しました。
    塗装は、ドライブラシを軽めにして、錆色を多めに使って古めかしいイメージにしました。
    ナンバープレート1を付けますが、赤か青あたりで色差ししようかと思案中。

    2号機:オリジナルエガー2号機改造



    エガーバーンの2号機の上回りに、ミニトレインズの下回りを合体させたリメイク品です。特に目立った改造はしていません。塗装は埃っぽいイメージを出したかったので白っぽく汚しましたが、汚しすぎだったかも?

    5号機:クラウスタイプ



    ミニトレインズのクラウスタイプそのものです。煙突を短く切って、スタイルを良くしてあります。塗装はオーソドックスなドライブラシのみ。こちらもナンバープレートの装着待ちです。

    ガキ1:グマインダータイプ



    ミニトレインズのグマインダーです。黄色が売り切れで、アンデコ製品を買ったので、自分で塗装しました。下地に茶色を塗り、上から黄色を塗って、剥がしチッピングを試みましたが、一部は下地の茶色まで剥がれてしまって全く無意味でした(苦笑)
    レタリングはデカールにしようかと考えています。無番号でもいいかな?

    全体共通の改造としては、ヘッドライトに銀を差し、その上からエポキシを盛ってレンズにしているのと、前述のマグネマティックカプラー換装になります。

    このほか、バリキットの3号機、ロコインターのCタンクを4号機として入線させる予定。以前作ったポータータイプのサドルタンクはセルフリメイクして7号機にします。
    ミニトレインズは、あと、ブリゲイドロックが欲しいのですが、なかなかお金の都合が付きません。
    そうそう、杉山さんのベビーボックスカーがありました。こいつも塗装待ち。

    客貨車は、随時リメイクの予定。

    気動車も作り直そうと思っています。単端式と片ボギーを検討中。

    それらは今後の作業となりますので、レイアウト作成と平行して作っていきます。
     

    小坂鉄道の廃線跡を歩く

    0
      今週は、秋田・青森出張でした。
      初日に訪れたのは大館。大館と言えば、鉄道ファン的には小坂鉄道ですね。
      しかも、昭和30年代まで軽便鉄道だった路線です。軽便にしては大型な車両が走っていました。
      正直、改軌後の車両たちはそんなに面白い感じではなく、折角電化されていたのに非電化に戻すなど、個人的にはちょっと面白味のない鉄道というイメージしかありません。

      軽便時代には雨宮のCタンクだとか、凸型の電気機関車とか、「ボボ」なんていうちょっとヤバい名前の荷物車とか、面白い車両がたくさんいたようです。最近、小型車よりも大型車が気になっているので、これらの車両を模型化してみるのも一興かもしれません。

      小坂にはレールパークという形で車両なども残っているそうですが、流石にそこまで行く時間はありません。大館駅周辺で、遺構でも見つけられないかと少し歩いてみたら、線路がほぼそのまま残っていました。

      駅を出て右側の緩いカーブを行くとすぐに踏切跡があります。
      前方鉄道廃止の文字が悲しい。



      ポイントなどもそのまま残っています。整備したら動くんじゃないですかね。



      一旦駅に戻って、反対側の道をしばらく行くと、再び踏切跡に遭遇しました。踏切小屋があります。この踏切は、いわゆる昇開式ですね。その昔、まだ立体交差になる前の東海道線辻堂駅東側にあった踏切が昇開式で、踏切小屋には踏切番のおじさんがいて、手動で踏切標板を上げ下げしていたものです。そんな事を思い出しました。



      こちらの踏切の先も、長く線路が伸びています。どうやら、廃線後もそのままの形で残っているようですね。再復活の望みがあるという事なのでしょうか?



      この道を少し歩いて行くと、信号機がありました。これもまだ使えそうです。



      ここでタイムリミット。仕事先に向かうことにしました。

      ミニトレインズ2号機を「コッペル」に改造する。

      0
        今日は、先日改造したミニトレインズのグマインダーを塗装しようと思っていたのですが、生憎の雨。
        そこで、以前から気になっていたもう一両のミニトレインズの改造に着手しました。

        コッペルSLと称する機関車は、エガーバーンの2号機をリメイクしたものですが、誰がどうみてもコッペルとは言い難いスタイルです。

        キャブ前面の丸い窓、細いボイラーに、ひょろ長いドーム、シリンダー形状など、何一つコッペルとは似ても似つかぬスタイルです。どちらかと言えばドコービルあたりを模しているんじゃないかと思っているのですが、まあ、これはこれで好ましいスタイルだと思います。

        しかし、同じ機関車が2両揃ったら、一つは改造したくなるのが人情というもの。以前、オリジナル・エガーの上回りを使った2号機を作ったときから、もうひとつのバルーン煙突のほうをコッペルスタイルに改造しようと企んでいました。

        で、本日その加工を行ってみました。
        制作中の写真を撮り忘れたので、完成した状態の写真をご紹介。



        改造ポイントは、キャブの丸窓を楕円形に改造するのと、細いドームにプラパイプを被せて一回り太くすること、そして形の違うシリンダーブロックをコッペル風に改造する3点になります。



        ついでにカプラーもマグネマティックに換装してあります。



        どうでしょう?コッペルっぽい感じになったでしょうか?

        明日も天気は今一つの予報なので、何か工作をしましょうかね。



        ロボットを作る(1) ウィーゴの改造「重雷装ウィーゴ・北上」

        0
          しばらく鉄道模型ばかり作っていたので、少し浮気することにします(笑)

          私は世代的には特撮全盛期に幼稚園から小学生だったので、圧倒的に怪獣小僧で、アニメ系ロボットにはあんまり興味ありませんでした。
          ロボットアニメ黎明期には、チャンネル権が妹にあって、魔女っ子アニメばかり見せられていましたし(おかげで主題歌は今でも全部歌えるw)、機動戦士ガンダムの初回放送時には、高校3年生という受験期だったこともあって、その洗礼を受けていないということもあるのかもしれません。

          しかしながら、模型に復帰し、アニメなども積極的に見るようになった今になっても、ガンダム系ロボットには萌えないのですねえ。

          それは何故かと考えてみて、ある結論に至りました。
          ガンダム系のロボットはカッコ良すぎるのです。

          まず、足が長くてスタイルがいい。敵キャラには丸っこいのもいますが、丸っこいやつも意外と良い体形してます。このデザインは「大人の事情」っぽい気がしますが、そこには触れないでおきましょう。
          では、カッコ悪いロボットが好きかと言われると、そうでもない。特撮の戦隊シリーズに、これまた「大人の事情」で出てくる無意味な巨大ロボは、人間の手足に張りぼてをくっつけた感があってカッコ悪いのですが、あれは本当にカッコ悪くて嫌いなのです。

          では、何がダメなのかというと、三角形の安定感だという事に先日気が付きました。
          アニメ、実写を問わず、この手の大人の事情ロボットは、玩具化前提でデザインされています。従って、きちんと立つことが第一要素なのですね。このため、足回りが大きいのが一つの特徴です。
          そして、スタイルは良いのですが、総じて三角形型。すなわち、足がでかくて頭が小さい。このスタイルの継承であり、バリエーションです。

          ガンダムシリーズのズゴックという丸っちいのですら、足が異常にでかい。本体は逆三角形ですが、そこからでかい足が出ているので安定感があります。この、でかい足というのが私の好みに合わないんだと気づきました。

          スタイルが良くて足のでかいロボットというのは、現代アニメロボの基本形のように思います。それがダメなので、最近のアニメロボットには興味が持てないんだなと気づくと、色々納得がいきます。

          80年代にブームとなり、その後復活したSF3D(マシーネンクリーガー)は、とても好きなのですが、こいつら足が短くてスタイルが格好悪い。一番好きな二足歩行戦車「クレーテ」に至っては、頭がでかくて重心が高く、不安定な感じです。これがいい。

          ああ、なるほどな。という気がしました。

          だから、装甲騎兵ボトムズというアニメに出てくる、スコープドッグというロボットも、もうちょっと足が細くて不安定ならいいのにな、と思ってしまいます。

          そんなわけで、ロボットプラモデルには殆ど食指が動かなかったのですが、ピンと来ちゃったプラモデルが最近発売になりました。

          それが、メカトロウィーゴです。元々はダイキャストモデルらしいのですが、これがハセガワからキット化されました。小林和史さんというモデラーのかたのデザインになる商品です。小林さんのサイトはこちら↓

          http://moderhythm.blog26.fc2.com/

          丸っこいデザインにガニマタの不安定な足。お世辞にもカッコいいとは言えませんが、これがいいんですな。ガニマタLove!!(笑)

          早速、艦これ風のアレンジを加えて作ってみました。題して「重雷装ウィーゴ北上」



          魚雷発射管などのパーツは1/350のパーツセットから流用。あとはジャンクパーツの組み合わせです。



          Twitterに投稿したら、意外と好評だったので、もうひとつ同じコンセプトで作るつもり。



           

          ストラクチャーの制作(その8) 駅舎を作る(2)

          0
            前回作った、「サツキとメイの家」風の駅舎ですが、洋館部分の屋根が高すぎたので、低めに改造しました。これで随分バランスが良くなったように思います。



            張り出し部分は白、屋根はオリジナルに敬意を表して赤にしました。良いアクセントになりそうです。



            さて、次のストラクチャーを作っていきますが、その前にちょっと息抜き。プラモデルを作りたいと思います。



            既に仮組していますが、これはウィーゴというオリジナルロボットのプラモデル。接着剤不要で組み立てられます。最近のプラモデルはすごいですね。ガンダムによる部分が大きいと思いますが、手足は可動式だし、接着剤不要だし、物凄い金型技術だと思います。

            40年前のフロッグとかリンドバーグとかアオシマのプラモデルなんて、合いが悪くてまともに組み立てられないような粗悪なモデルがたくさんありましたからねえ。

            一応、あまり手を掛けずに塗装だけで変化を持たせようかと思いましたが、既に魔改造中(笑)
            さて、どうなりますことやら。


             

            ストラクチャーの製作(その7) 駅舎を作る。

            0
              軽便祭も終わったので、レイアウトの製作に戻りましょう。
              平行して、今回のレイアウトにはあまり関係ない車両や、その他の模型も作っていきたいと思います。

              いよいよストラクチャーのハイライトとも言うべき駅舎を作ります。

              0.5tのアート紙をベースに、エコーのSTウッドを貼りつけ、窓枠もエコーのレーザーカットされた窓枠を使いました。この、レーザーカット窓枠は、今までの印刷窓枠とは違って素晴らしく良い感じに仕上がります。

              工作途中の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。窓枠を貼ったら塗装を行い、薄いビニール板の窓ガラスを入れて内貼りで挟み、箱にしました。

              箱になった状態がこれです。日本瓦もエコーの定番パーツ。



              入口がちょっと珍しいデザインになっていますね。これを見てピンと来た人はジブリ通(笑)



              「となりのトトロ」の「サツキとメイの家」をモデルにしています。

              普通の小型駅舎では面白くないので、何かちょっとしたインパクトが欲しいという事で、このようなデザインにしてみました。

              「サツキとメイの家」の洋風部分は二階建てになっていますが、こちらは単純な吹き抜けとし、窓があるべき部分に駅名板を貼ろうと思っています。

              屋根を含め、アート紙で作っていますが、複雑な形なので中々難しいですね。こちらの屋根は赤く塗る予定です。少し明度を落として暗い感じにしたほうが良さそうです。

              事務所内や待合所などもしっかり作りこむ予定です。事務所内の内貼りも、それっぽく作りました。



              ホーム側から覗き込んでみると、なかなか良い雰囲気。



              細かいディテールアップをしていきたいところではありますが、それは後回しにして、レイアウトに組み込むストラクチャーの製作を続けます。

               

              第11回軽便祭(DMC編)

              0
                最後になりましたが、DMCの展示を細かくご紹介します。

                今年もDMCは基隆炭鉱をブラッシュアップして展示。前回は、中途半端で終わってしまったモジュールが多かったので、今年が完成形という事になります。接続したのは1年ぶり。この時点では、ちゃんと走るとは思ってなかったり(苦笑)



                まずは一番目を惹くIさんのモジュールから。

                ぬかるみが見事に表現されています。過去、水たまりの表現などはありましたが、ここまでグチャグチャなのは初めてかも?



                実は、レイアウトだけでなく、ちゃんと車両も湿っています。レイアウトがぬかるんでいても、車両が埃っぽいのでは興ざめです。



                機関車も濡れて光る。「天賞堂の完成品みたいな色」とは誰かの弁。



                お人形さんも結構凝っています。「けむり」の「基隆本」を持っているかたは、是非このシーンを探してみてください。



                客車はSさんの作品。こんなのあったんですね。



                Oさんのモジュールは今年も人車が快走。ドイツの自転車走行システムをレールの下に組み込んでいます。人車にはマグネットが付いており、レールの下のベルトコンベアに着けられたマグネットと磁力で引き合ってレール上を走ります。
                本線が走らなかった間も快走して、何とか面目を保てました。



                アララギさんの鉱山モジュールも、細かくブラッシュアップされていました。



                Iさんとは対照的に埃っぽいイメージに仕上げられており、メリハリが出ましたね。サイズ以上に奥行きを感じます。



                Sさんの生モジュールは1年経過して貫禄が出ました。枯れた部分は増殖されたそうです。写真には写っていませんが、両端の実を付けた木も含めて、全部ホンモノ。裏に仕込まれたタンクから、沢に水が染み出して池に注ぎます。池には今年もメダカが6匹泳ぎましたよ。終了後、メダカは無事に回収されましたので、ご心配なく。



                家元さんのモジュールもお人形さんや動物たちが配置され、植林も進んだ感じ。隣接する生モジュールに引けをとらないプリザーブド樹木による表現が圧巻です。お化けシダの下に佇む二人のお人形さんも、「基隆本」のシーンから。



                さて、「地面から地形へ」というコンセプトで始まったDMCですが、今回の展示で一つの完成を見たように思います。
                そして来年は、今までとは別のコンセプトでの企画が始まりそうな感じです。
                詳細はこれからですが、私も2年間、ほとんど何も出来なかったので、来年は積極的にかかわっていきたいと思います。
                ただ、天邪鬼な性格なものですから、他のメンバーの方々とはちょっと変わった独自路線での展開を目論んでみようと思ったりしています。
                さて、どうなることやら。

                これで、第11回軽便祭の紹介は終了です。

                販売ブースは殆ど見られなかったので省略します。シェフのレイアウト見てなかった!!(残念!)。




                 

                第11回軽便祭(出展編その2)

                0
                  さて、その他の出展作品の紹介を続けます。

                  まずは栂森鉄道さん。歴代カバン線の揃い踏み!



                  お忙しい中作られたミニパイク。何と実働2時間とか。手際の良さが無いと短時間にここまでは作れませんね。



                  そして今回、一番参考になった磯野さんの「むかし下津井」。



                  決してスーパーディテールというわけではないのに、物凄く生き生きとしています。



                  そして、決して大きくないのに広がりを感じる風景。まさにレイアウトとはこうあるべきという見本のような作品でした。
                  今作っているレイアウトに、とても参考になりました。



                  車両は3Dプリンタだそうですが、バリと積層痕の修正が大変だったとのこと。でも、汚ったないラクガキ電車の雰囲気がバッチリ(笑)



                  お次は服部さんの福島交通。アクリルケースの上に暗幕を被せて夜を演出。



                  アクリルケースを通して写真を撮ったら、幻想的な風景になりました。これもお気に入り。



                  そして最後は、日出生交通&石畑軽便鉄道の「乙な世界」。菅さんと家元さんの集大成。



                  何度見ても素晴らしい菅さんの回転式パイク。



                  ギミック満載のダージリン。どうしてこんなにゆっくり走れるのでしょうね?



                  家元さんの栗倉鉱業4部作からは、一番好きな夕焼けの風景を。





                  そして、家元さんの奥様の作品。デコモーターカーで〆ます。



                  いずれ劣らぬ良い作品をじっくりと堪能できました。

                  最後はDMCをご紹介します。

                  <つづく>


                   

                  第11回軽便祭(出展編その1)

                  0
                    さて、今回はアマチュア出展が5階にまとめられたので、いつもは見逃してしまう他の展示もしっかりと見ることが出来ました。2回に分けてご紹介します。いずれ劣らぬ素晴らしい出来でございました!

                    まずはお隣、KBMCさん。今回も尾小屋鉄道を題材にされています。

                    前回見逃していた長原−倉谷口間の木橋!



                    索道クロスの覆い!



                    みのるさんの小茂内鉄道山奥線。思川鉄道へのオマージュ的作品になっていて感慨深かったです。ブログには、やっつけ仕事と書かれていましたが、素晴らしく仕上がっていました。深い谷間の表現にシビレましたねえ。



                    続いて、ONMCさん。何と言っても白眉は「カルメン故郷に帰る」の再現でしょう!
                    大型サイズならではのフィギュアの使い方が良いですね。



                    そしてDMCのIさんによるサプライズ、凸型電気50。これ、車体は3Dプリンタ、パンタは3Dプリンタの原型から作った自作ロストワックスという逸品です。



                    もうひとつ、On2とOn30のコラボレイアウト。ティンバートレッスルと木造ストラクチャーが圧巻。



                    お次は駿遠倶楽部さん。Nナローの駿遠線が凄い。小さい。こんなん作れませんわ!



                    9mmのほうは、3Dプリンタによる車両たちを中心にして、レイアウトも作られていました。未だに3Dプリンタには懐疑的なところがある私ですが、バス窓表現とかに使うのは悪くないなあと思ったり。これを全自作してたら間違いなく死にますね。そういう使い方は有りかもしれません。


                    <つづく>

                    第11回軽便祭(クリクラ編)

                    0
                      それでは今日から少しずつ、軽便祭のレポートを上げて行きます。

                      まずは会場設営からクリクラ展示まで。

                      今回から会場は、人形町の綿商会館になりました。アニメ系の即売会とかコスプレ撮影会なども行われているようで、同人系の人には知名度の高いレンタルホールのようです。

                      今までのさつき会館に比べ、会場が4階と5階になったので、まず荷物運びが大変。
                      如何にして運び込むかというのは一つの課題になりそうです。

                      会場は明るくて広くて、概ね好評でしたが、一点だけ窓が無いのが少し閉塞感を感じたかな?でも、模型展示には窓が無いほうが良いようにも思います。

                      地下鉄の人形町、馬喰横山、東日本橋、JRの馬喰町と、比較的アクセスしやすい駅が多いので、それも手伝ってか、例年より人の入りが多かったようです。事務局発表では600人とか。

                      展示は各ブースとも、手慣れたもの。我々DMCは、1年ぶりの接続という事で、少し手間取りましたが、坑車を従えた楠木の3.5tが無事に続行運転で周回出来ました。

                      さて、DMC展示の紹介は最後にして、一通り出展者の作品をご紹介させて頂きたいと思います。

                      まずはクリクラ。

                      例年通り、来場者参加型の展示のお題は「フィニッシュ祭」。
                      皆さん、個性あふれる仕上げの作品ばかりで、見た目にも楽しい展示となりました。

                      家元のバックマン・シェイ。蛇の目フィニッシュ。



                      フィニッシュと言えばモロちゃん!いつ見ても凄いです。



                      そして、Y村君の鉛のクラウスが久々の再登場。個人的にこれは大好きな作品。彼は3Dプリンタでも色々作品を作っていました。



                      オノデラさんのファインスケール。いいですねえ、こういうの。



                      AkinoriさんとN田君のミニシェイ揃い踏み!



                      小泉さんのミニパイクは、ホワイトメタルのジャンクが良い味。



                      いつ見ても綺麗で丁寧な仕上げのAkinoriさんのパイク。その割には結構定期券とか落とすのが不思議w



                      深く潜航?していたナガウラさんのレイアウトが復活。ストーリーを感じる、お人形さんの配置が良い感じ。



                      ozuさんの「掘っ立て小屋」ウェザリングが効いてていい感じです。走りも素晴らしいんですよねえ。



                      リベットおじさんの独特な世界。こういうの好き。


                      京大トロッコは、阿部さんの作品でしたっけ?



                      そしてカワイさんの独特の世界。いつも斜め上を行っていて素晴らしいです。



                      多恩さんの列車。これ、かなりいい感じに仕上がっていました。特に後の新品車両たちが良い感じでしたねえ。



                      最後の白眉。Kumaさんのオアカーは、あまりにもびっくりして写真を撮り逃しました(苦笑)
                      素晴らしい作品でしたねえ。
                      このほかにもたくさんの秀作が揃いました。展示スペースが足りなくなる始末。

                      あまりクリクラブースではお話出来ませんでしたが、こういう参加型展示は良いですね。

                      そして最後に拙作。やっつけ仕事ばかりで綺麗に仕上がってません。次は頑張るぞ。


                      <つづく>




                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • レベルカラーの話
                        雀坊。
                      • レベルカラーの話
                        桜山軽便
                      • レベルカラーの話
                        雀坊。
                      • レベルカラーの話
                        栂森
                      • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
                        雀坊。
                      • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
                        栂森
                      • 「猫屋線」並走させる本線は?
                        雀坊。
                      • 「猫屋線」並走させる本線は?
                        YANチョ
                      • 複葉機を作ろう ソッピースキャメル編(2)
                        雀坊。
                      • 複葉機を作ろう ソッピースキャメル編(2)
                        内藤友近

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      profile

                      書いた記事数:235 最後に更新した日:2017/07/29

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM