猫屋線改造(その2)電車化計画実行中

0
    さて、IPA漬けにした車両の塗装が落ちましたので、改造に着手です。

    妄想改造その2で考えた、近鉄モニ220風の車両にしてみたいと思います。

    まずは前面。3枚窓にしなくてはなりませんが、ホハフの妻板を移植するのは面倒なので、真ん中の縦桟を切り取り、新たにプラ板で縦桟を接着して3枚窓化することにしました。

    桟の切断にはプラモデル用の薄いエッチングのこぎりを使います。切りしろが0.1mmと薄いので、この手の切った貼ったに役立ちます。
    まず、縦桟を切り取って1枚窓に。怪しげですな。これにボンネット付けたら成田の単端風になる?



    続いて0.5mmのプラ板を2mm幅に切り出して裏打ちとし、横桟に挟まるように切り出したプラ板で縦桟を作ります。さらに、1mm幅のプラ板を貼って出来上がり。意外と簡単ですね。ホハフ前面移植よりかなり楽です。



    写真は白飛びしてしまって、改造箇所が分りにくくてすみません。

    次に車体の切断ですが、キハを2両用意し、片方をドアの手前、もう片方は、ドア戸袋窓の後のところで切断し、貼り合わせます。切断には前述のプラ用のこぎりを使いますが、ガイドになるようにカッターナイフで深めの筋を入れておきます。素材が柔らかいので、カッターナイフだけでも切り出せそうな感じ。



    切り取った面をツライチに仕上げて貼り合わせると、あっという間にモニ220のボディが完成!



    モニ220と比較すると、長さは、ほぼ同じ。窓は、こちらのほうが広いので、1つ少ないドア間7個。そのせいか、モニ220よりもスマートな印象となりました。

    あとは、屋根上のベンチレーターを2か所切り取り、手摺も削ってしまいます。

    下回りをどうするかですが、思う所がありますので、その話はまた次回。



    猫屋線改造(その1)分解と塗装剥がし

    0
      さて、いよいよ妄想から現実の改造に取り組んでいきたいと思います。

      まずは塗装剥がしから。

      このブログを読まれているかたはNゲージの塗装剥がしなど未経験のかたも多いと思うので、少し詳しく解説してみます。

      車輌は、下回りを外してボディを分解します。ホハフは屋根も分解できるので、バラバラにしましょう。



      まず、窓ガラスを外します。ホハフのほうは3分割のパーツになっているので、まず、真ん中のパーツを外します。これは、指で窓の内側を抑えて少しずつずらしながら外すと、比較的簡単に外れます。例によって、ドライバーなどでこじると傷がつきますので、時間をかけても手で作業してください。

      真ん中の窓ガラスパーツが外れれば、ドア部のパーツは簡単に外せます。



      次に屋根ですが、矢印の突起8カ所でボディにはめ込まれていますので、これを少しずつ、木の棒の尻などで押しながら外します。慎重にやらないと折れるので注意してください。最終的には接着してしまうので、1〜2本折れても大丈夫ですが。



      キハの窓を外します。こちらは1個のパーツなので、少し面倒です。まず、両側のヘッドライトを抜きます。指でつまんで上方向に引き抜けば外せます。

      この穴に、つまようじを差し込んで窓パーツを押し下げます。つまようじでは少し太いので、竹ひごみたいなものがあれば一番良いですが、そのあたりは各自工夫のこと。

      側面のドア窓のところに、隙間が出来るまで引き下げ、そこにつまようじを差し入れます。



      写真のような状態で、飛び出たつまようじの部分を抑えてぐいっと下げると、一気に窓パーツが下まで下がりますので、あとは指を使って引っ張り出せば、比較的簡単に外せます。

      また、ベンチレーターが要らない人は、箱の状態のまま車体をマスキングテープで養生して、カッター等でベンチレーターを削り取ると、穴が開きますので、その穴につまようじ等を突っ込んで押すという手もあります。(つまようじ大活躍なのね!)



      分解したパーツをIPA漬けにします。カー用品コーナーで売っている水抜き剤がそれです。ただし、必ずガソリン車用のIPA99%以上のものを買って下さい。ディーゼル車用のものだと、余計な成分がたくさん入っているので効果がありません。180ml入りで税込230円くらい。

      100円ショップ等で買って来た500cc入りくらいの広口瓶(ポリ製でも可。きっちり蓋が締められるもの)や、タッパーウェアなどに、分解した車体を入れ、IPAを流し込みます。

      IPAは、イソプロピルアルコールの略で、プラ車体に傷をつけることなく塗装を剥がしてくれます。ただし、人体への悪影響はシンナーの比ではありませんので、過剰吸引や手に着かないように注意してください。アルコールという名前ではありますが、中核神経や肝臓・腎臓機能障害、発ガンなどの危険性がありますので、洒落になりません。

      また、IPAは発火の危険性もあるため、締め切った室内で石油ストーブなんかつけながら作業したら確実に死にますので、絶対に禁止。作業はゴム手袋(薄いものだと浸透するので意味が無い)をしながら、屋外で行うことを推奨します。



      24時間くらい漬けておくと、このように表面に気泡が出来て塗装が剥がれてきます。
      個人的感想ですが、ものによっては24時間では足りないかな?赤は比較的剥がれやすいですが、クリーム色が少々手ごわい感じ。48時間くらい漬けておくと、かなり勝手にはがれるような気もします。(潜水艦派遣作戦なのね!:誤)

      急がば回れですが、長期間漬け込み過ぎると車体が縮むことがあるようなので、48時間くらいが限度かと思います。

      IPAの液に漬けたまま、歯ブラシ(使い古しのもので良い。穂先を少し切って固めにしておくとよい)で擦ると塗装が落ちていきます。

      剥がすことを主体で考えると、広口瓶よりタッパーのほうが使い勝手が良いですが、使う液の量はタッパーのほうが多くなりがちです。逆に広口瓶は、倒して液がこぼれる危険性がありますので一長一短です。また、タッパーを使う場合、車体が完全にIPA溶液に浸かり、さらに1cmくらい余裕が欲しいので、それなりの深さのものが必要になります。このあたりはお好みで。

      車体を引き上げてから剥離作業を行うと、剥離した塗料が再固着してしまう事があるので、あまりお勧めしません。

      塗料が剥がれたら引き上げ、中性洗剤などを使って水洗いしておきます。この時、残った塗料があると車体にこびりついてしまうので注意。引き上げた後、使い古しのハンカチなどで包み、残った塗料を擦り取ったり、つまようじ等でこそげ落としておいたほうが良いでしょう。



      これが塗料が落ちた状態です。ドア部の隅などに、どうしても塗料が残ってしまうので、あとはカッターや紙やすりなどで落とします。

      さて、色を落とすと俄然、改造したくなりますね。なるべく無駄を出さないような切り継ぎ加工が出来れば良いなと思うのですが。本格的加工は週末からです。

      ※補足) 塗料のカスが溜まったIPAの液は、ペーパータオル等で濾して再利用が可能です。一度使ったもののほうが良く落ちるなどの証言もあるようです。
       
       

      猫屋線妄想改造(その4)フリーランス編

      0

        さて、最後はフリーランス。元々が大人しいデザインなので、大化け出来そうには無いですね。それでも色々考えてみました。



        尾小屋のキハ1改造と言えば、ひかり模型のキット改造の「玉軌道のタンタン」が思い出されます。マックのボンネットを付けた比較的大型の単端式でした。

        まず最初に猫屋線を見たときに、コレが思い浮かんだのですが、窓配置がねえ。中桟も外さないといけないので、ここまで加工するなら自作したほうが早そうな感じがします。




        同様に、新塗装ホハフも単端式にしてみました。こちらは一般的なAフォード。ちょっと非力でしょうか?プラモデルのオペル・トラックあたりからボンネットを拝借してくると良いかもしれません。




        単端式なら、二軸にして車体を詰めて西大寺風ですかね。これは比較的簡単に作れそう。中窓枠を外せばもっと軽快な感じになります。下回りは自作になっちゃいますが、Bトレ用2軸動力がリニューアルされたそうなので、それを使うのも手ですね。



        ホハフに付いているアーチバー台車は、少し大振りですが他にも使えそうなんで、キハの台車と振り替えて、ホハフをクハ化します。屋根にはエコーのお椀型ヘッドライトを付けたり、片側に鮮魚台を付けたりしても面白いでしょう。両運転台のクハっていうか、電装解除された気動車の雰囲気。勿論、動力化してショートサイズのキハや、パンタグラフを載せてモハにしても面白そうです。




        やってみたいのは、キハの前面と屋根を加工して流線形タイプへの改造です。相鉄キハ1000のイメージです。パンタグラフを付ければ日立電鉄のモハ13。日車タイプの流線形も良いと思いますが、改造のハードルはかなり上がってしまいますね。




        三枚ドアの大型気動車。沖縄県営に、こんな感じのがいたようです。ニコイチになりますが、切り継ぎは最低限2カ所で済むので比較的簡単な改造でしょうか。

        さて、色々と妄想してきました。どれを具体化させましょうかね?
        まずは、車体の分解と塗装剥がしからです。




         


        猫屋線妄想改造(その3)ホハフ編

        0
          さて、猫屋線の妄想改造ヨタ話も3日目。気分は切り継ぎマニアの河村かずふさ氏!(笑)

          ホハフは旧塗装、新塗装で車体が違います。それぞれ改造ネタにしてみましょう。



          まずは旧塗装。これ、塗り替えるだけで色々な車両に化けそうですね。



          マルーン1色に塗れば、近鉄のサ150タイプ。



          黄色と青で塗り分ければ、静岡鉄道駿遠線のハ101タイプに見えないことも無い。でも、折角ですからちょっと改造しちゃいましょう。



          ドアを切り取って、内側に妻板を新製して貼り、オープンデッキにします。安濃鉄道から駿遠線に行ったハ6タイプ。



          貫通ドアを付けて、旧西武色で塗れば元草軽で栃尾電鉄に行ったホハ50タイプ。マルーン一色にすれば、草軽時代も再現できます。実物の台車はDT11の小型版みたいなのを履いています。



          新塗装のほうは、個性のあるデザインなので、改造ネタが乏しいですねえ。



          妻板の加工が苦にならなければ、尾小屋のホハフ8になるでしょう。前面さえ自作出来ればですが。ホハフ8の前面は少しカーブが付いているんですが、フラットで表現してもいいと思います。バス窓はキット加工では、かなりハードルが高いと思います。



          近鉄のサ130を作りたいところですが、これも重工事になりそうです。前面フラットなのはそのままと諦めても、ヘッドライトが付いたク130タイプにしたいものです。あ、ク130なら前面はバス窓じゃないので作りやすいでしょうか?いずれにしろ、ホハフ55のニコイチでは、ちょっと手が出しにくいでしょうかね?




          いっそのこと、あすなろう鉄道のク110にしてみますか?何となく新塗装の色、あすなろうの新車の色に見えない事もないですし。でも、張り上げ屋根とかドアとか地味に大変ですな。




          さて、最後に私がやろうと思っているネタを披露しちゃいます。旧塗装ホハフの車体を利用して、栃尾電鉄のモハ208っぽい感じに仕上げてみました。前面3枚窓の真ん中をプラ板で埋めて、はしごを設置。デッキは自作。前照灯は大きなLP42に交換。パンタグラフは大柄なPS16で良いと思います。出来ればベンチレーターも片側ガラベンにしたいところ。下回りはKATOのEF65用が小加工で入ります。

          まだまだネタは続きます。明日はいよいよ最終回。フリーランス編です。

          <つづく>

          猫屋線妄想改造(その2)電車編

          0

            今日は旧塗装のほうを色々いじってみたいと思います。



            猫屋線キハ3は、イメージとしては尾小屋のキハ1あたりの雰囲気だと思います。そのまんまでも、まあ何とか通用するかな?



            実際のキハ1は、左右非対称なので、仙北のキハ2404同様、キハ1に近づけるとなると、かなりの切った貼ったが必要ですね。仙北の場合、両側とも左から1D8D2という窓配置になるので、妻板、側板、屋根を全てバラバラに切り離してから、側板を刻んで入れ替えて貼り付けるという難工事になりますが、尾小屋は左右同じ側が2枚窓なので、片方のドアとその次の窓枠を切り取り、ひっくり返して接着すればよいという、比較的(あくまでも比較的ね)簡単な切り継ぎになります。

            それにしても、なんで屋根まで一体化しちゃったかなあ。屋根が外れれば、もう少し楽になるんですけどね。



            もうちょっと簡単に、お手軽改造だと鮮魚台が一番でしょう。下津井鉄道の非電化時代に、カハ5というのが居ました。こんな感じですね。但し台車は鋼製台車を履いていましたので、拘るならそのあたりも要改造です。ちなみに鮮魚台は、アルモデルの軽便用がありますが、ちょっと小さい感じ(使えないほどではありません)、同じアルモデルの16番用は大きすぎます。フクシマの駄知鉄道キハ12の鮮魚台とかどうでしょうね?入手は困難と思いますが。自作も可能ですから、そのあたりはお好みで。



            下津井に、後年電車化されてパンタグラフを載せた気動車がいました。モハ50型がそれです。但し、実物は窓2個分長いです。画面向かって左側に運転室扉、右側に窓1個追加ですので、これも重たい改造になっちゃいますね。そこまでしなくてもいいでしょう。むしろ台車をそれっぽく変えたほうが良いかも。



            さて、電車化という事でしたら、単純にパンタグラフを載せるだけでも良いです。電車っぽく見せたいなら、ステップを切り取ったほうが良いと思います。出来れば台車も電車用に振り替えると良いでしょう。N用のDT11なんかでも良いと思いますが、その際、動力はEF級電機にすると良いと思います。すでに某氏が改造してるようです。



            ニコイチに出来るのなら、贅沢に使って近鉄モニ220風。前面が2枚窓のままですけど、実物にも事故復旧車のモニ225というのが二枚窓で存在しました(Hゴムでしたが)。そういえば、赤井哲郎さんが作ったプラの近鉄ナローは前面2枚窓のが1両ありましたっけ。ホハフの妻板を移植すればベストですが、それだと歩留りが悪そうです。
            この場合も下回りは何か別のものをあてがう必要がありそうですね。

            明日は、ホハフ改造ネタをご披露します。

            <つづく>

             


            猫屋線妄想改造(その1)仙北鉄道編

            0
              さて、実際に猫屋線をいじくる前に、色々シミュレーションしてみたいと思います。

              まずは、新塗装のほうから。

              猫屋線キハ5は、そのスタイルを見ると日車タイプの標準的な気動車で、全国に類似車輌がいます。
              中でも仙北鉄道は、大型車が多かったので、改造向きかもしれませんね。新塗装のイメージも、仙北の色合いに似ています。



              まずはオリジナルを用意して・・・



              前後に鋼製バケットをプラ板で付ければ、比較的簡単にキハ2401、2402タイプになります。
              但し、問題なのがカプラーと台車。そのままではオーバーハングが凄いので、出来れば画像のように台車を付けたいところですが、動力装置ともども、下回りはフルスクラッチになりそう。
              ある程度のオーバーハングは我慢して、指定動力でごまかす手もあります。ただし、その場合140R通過は無理でしょうねえ。
              日和って動力無しにして、客車に動力を仕込むのも手です。

               


              ボディのニコイチが出来れば、真ん中でぶった切って、ドア間の窓数を9個とふたつ分長くすれば、キハ2404タイプのできあがり。動力はNゲージ用のEF500とか、少し長めの機関車の下回りが使えないでしょうかね?



              より本格的にキハ2404にするには、屋根も側板も全部バラバラにして切った貼ったすれば、こんな感じに出来ないこともないですが、ハードル高いですね。ここまでやるならスクラッチしたほうが早いと思いますけど、キット改造の醍醐味ってこういう所にありそうな気もします。屋根は一部張り上げなので、そのあたりの表現も忘れずに。



              余った車体でキハ403もどきを。どうせフリーランスなので、下回りは片ボギーにしても面白そうです。

              さて、どんな感じにしようかなあ?

              <つづく>
               

              猫屋線を動力化してみよう。

              0
                さて、早速、猫屋線の気動車を動力化してみたいと思います。
                キット指定の、鉄コレ動力を使ってみます。

                17m級Bというユニット、TM−07Rです。車輪径が6mmと、普通のものより少し大きいんですが、本当は最低でも8mmは欲しいところです。まあ仕方ありません。



                ミニカーブレール対応商品なんて書いてありますね。ふむふむ、140Rは曲がれるのか。

                キハの下回りは手でこじれば簡単に外れます。ドライバーとかペンチ使ったらダメですよ。傷ついちゃうからね。



                下回りは、全てのパーツを分解します。これも全て手で外せます。細かいので無くさないように。



                外した台車は、別用途で使えそうですね。金属車輪を入れて、上手く集電シューが付けられれば集電台車として使えそうです。色々テストしてみましょう。

                台車枠と床下機器を、動力ユニットに嵌めます。床下機器は外れやすいので、少量のゴム系ボンド(ボンドG−17等)を塗ってはめ込むと良いです。ブレーキシリンダーの付いているこちら側の床下機器は、はめ込み穴が複数あって迷います。この位置が正解。



                最後に、ナロー用のアダプターを被せて完成。このまま車体に嵌めれば出来上がりです。



                おっと、カプラーを忘れてましたね。



                左が本体についているもの。右が動力ユニットについているパーツです。右側のものに変えます。本体付属のカプラーは簡易式なので、外れやすいです。右側のように、根元にバネが入っているもののほうが使いやすいです。

                KATOカプラーやマグネマティックなら、右側のカプラーポケットであれば付け替え可能です。ボディマウントのTNカプラーを使う場合は、このポケットは使用しません。私はとりあえず、KATOカプラーにしようと思いますが、丁度在庫切れだったので、まずはアーノルドのままにしておきます。



                ホハフのほうも、同じく鉄コレ用パーツセットTT−03R。900円もして、高いなあと思ったら2両分でした!!ご注意下さい。2セット買っちゃったよ(笑)



                下回りを外してウエイトを載せるんですが、こちらはキハと違って外しにくいです。写真のようにつまようじを使って、この位置に差し込むと外しやすい。何度も書きますが、ドライバー使ったりすると傷つくので絶対ダメです。

                車輪とカプラーを交換して出来上がり。おもりが足りなければ、もう一枚のウエイトを載せて下さいと書いてあるのですが、勿体ないので、もしウエイト不足を感じるようでしたら薄い鉛の板を使うことをお勧めします。100円ショップとかで裏に両面テープ付きのものが売ってたりしますので、そういうのを探したほうがいいですね。



                出来上がりはこんな感じです。こうやってみるとかさ上げした床下が目立ちますけど、模型は上から見るケースが多いので、ほとんど目立ちません。



                車輪が光るのが気になるようでしたら、マジックで塗るのをお勧めします。どっちにしても剥がれちゃうし、塗装は面倒です。本格的にやりたければ黒染めで。メッキの黒染めってやったことないですが、うまくいくかな?

                早速、作成中のレイアウトで走行試験。車体にモーター音が響いて、少しうるさいですが、気動車っぽいかな?(笑)



                そして140Rは軽々とクリアしますが、我がレイアウトの最大のネック、ホーム侵入側の105Rくらいのカーブも何と!うなりを上げながら通過しました!!やった!これは素晴らしいです。スーパーミニカーブレール非対応と書いてありましたが、緩和曲線を入れると何とかなるかもしれません。

                この動力、ウチの標準動力にしようかなあ?

                とりあえずは、大満足の結果となりました。

                さて、これからどう料理するかですね。アルモデルさんが何やら改造キットを企画されているという噂も入って来ました。それも楽しみです。

                富井電鉄猫屋線が来た!

                0
                  個人的な、今年度注目ナンバーワン製品、トミーテックの猫屋線が到着しました。ネット通販で予約しておいたのです。



                  早速中身を見てみましょう。

                  旧塗装と新塗装に分かれます。キハのほうは全く同じボディで、塗装のみが違います。



                  旧塗装は、いわゆる富井電鉄色。10年前の鉄コレ第一弾を思い出しますね。あれで鉄模復帰したので、感慨深いものがあります。ま、塗装落としちゃいますけどね。手すりが一体表現なのが目立つかな?ここは削って別付けにするか、白で塗ると結構誤魔化せるようにも思います。



                  新塗装は、いわゆる「仙北色」ですが、塗り分けラインが違いますね。実物はオデコも金太郎分けです。どっちかというと、レタリングも含めて駿遠線ぽい感じ。駿遠線のオレンジと青はアクが強いので、こちらの淡い色合いのほうが好まれやすいでしょうか?

                  私は、日本のナローゲージャーでは珍しくOO(1/76)を採用していると嘯いておりますが、現在もスクラッチした作品は極力1/80前後のスケールで作成しています。まずは、それらと比較してみましょう。



                  まずは、ホハフ55と、尾小屋のホハフ8タイプとの比較。おおー!!バッチリ同じだ!!嬉しい!!





                  キハ5と、キハ04タイプナローとの比較。床面高さ、窓枠高さがバッチリ同じだ!偶然だけど凄い!俺の設計図盗んだか?(笑)





                  キハ3と、MODEMOの江ノ電108ナロー化との比較。これも窓枠高さほぼ同じ!!

                  いやー、やりましたね。1/80万歳(笑)

                  続いてミニトレインズのエガー2号機タイプとホハフ53を繋げてみる。



                  意外と似合ってるじゃないですかー。これは良いですね。うん、ミニトレインズとの相性もバッチリだ。問題はカプラーですか。ウチのはマグネマティック改造済なので、何とかイケそう。純正ミニトレインズと組み合わせるなら、エガータイプカプラーへの換装キットとか、出したら売れるかな?

                  実は、予算が足りなくて、指定動力を買っていないのです。ひとつは指定動力で行こうと思っていますが、もう一両は、手持ちの動力で何とかしたいと思っています。



                  ふふふ、バッチリだー!!!

                  まずは予定どおりです。思った以上に出来が良いですね。さて、どう料理しましょうか。これはしばらく楽しめそうです。レイアウト作成と並行しながら、加工がんばります!!



                  水田を作る(2)

                  0
                    私としてはとても珍しく、毎日少しずつ苗の植え込みを行っていきました。
                    まる2週間くらい掛かってようやく全ての苗の植え込みが完了。



                    かなりオーバースケールなんですが、レイアウトの手前側に設置するので少し大きめくらいで丁度良いのではないかと思います。そのほうが遠近感が強調されますのでね。

                    ブラシで作った苗は肌色に近い感じなので、黄緑とクリアーグリーンで調色していきました。もう少し均一な色合いで良かったかもしれません。

                    出来上がった田圃をレイアウトに設置します。



                    一段低めのベースボードに直接接着し、周囲を紙粘土で覆って畝を作り、そこにBOCHの雑草を巡らせました。

                    見る角度によって、水面がきらっと光り、思い通りのイメージになったと思います。



                    次は、この水田周辺のディテールアップを行っていきます。並行してストラクチャーの制作も続けています。




                    水田を作る(1)

                    0
                      軽便祭に参加して、少し気合を頂きました(笑)

                      遅々として進まないレイアウト作成に気合いを入れようという事で、先週末からごそごそやってます。

                      まずは水田を作ることにしました。



                      イメージとしてはこんな感じ。田植えをして少し育った感じですか。稲の間から水面が見えて、光線の加減でギラッと光る感じを再現出来たらいいなと思います。

                      なるべくお金を掛けたくないので、ありもので作ることにします。

                      まずはベースボード。ストックしてあったボール紙を使います。5ミリ四方の罫線を書いて、錐で穴を開けていきます。これは目印にするだけなので、小さな穴が開けば良い程度。



                      これに、アースカラーとかグリーンを塗っていきますが、ギラリ感が不足します。レイアウトに設置してからエポキシの水を流せばいいんですが、稲を植えるので少々面倒くさい。



                      そこで、安易に上から薄い透明なシートを貼ることにしました。菓子箱に使うような薄いプラかビニールのシートです。木工用ボンドを塗って、ベースボードにべったりと貼り付け、反らないように重しを載せて一昼夜置きます。

                      その上から、錐で開けた穴をガイドにして、ピンバイスで大き目の穴を開け、稲を植えこんでいきます。

                      稲の材料はビニールたわし。100円ショップで買ったもの。これを1センチくらいの長さに切り取り、数本束ねてからライターでお尻を軽く炙って接着。穂先をハサミで整えて7〜8mmの高さに揃え、ベースボードの穴にゴム系接着剤で止めていきます。



                      植えこむ前に、束をピンセットで適当に曲げて、草らしくしておきます。

                      だいたいこんな感じ。1/72くらいのスケール感なので、ちょっとオーバースケールかな?レイアウトの手前に配置しますので、少し大きめのほうが遠近感が出ると思います。

                      6列植えこむのに5時間くらい掛かってしまいました。植えこんだらグリーン系の塗料を筆塗りして、草っぽい感じに仕上げていきます。




                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • レベルカラーの話
                        雀坊。
                      • レベルカラーの話
                        桜山軽便
                      • レベルカラーの話
                        雀坊。
                      • レベルカラーの話
                        栂森
                      • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
                        雀坊。
                      • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
                        栂森
                      • 「猫屋線」並走させる本線は?
                        雀坊。
                      • 「猫屋線」並走させる本線は?
                        YANチョ
                      • 複葉機を作ろう ソッピースキャメル編(2)
                        雀坊。
                      • 複葉機を作ろう ソッピースキャメル編(2)
                        内藤友近

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      profile

                      書いた記事数:232 最後に更新した日:2017/06/16

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM