【1/700艦これ】島風を作る(2)まずは資料を集めるべし。 

0
     つーわけで、いよいよ工作に着手、、しません。

     「おっそ〜いい(島風ボイス)」と某姐さんに罵倒されましたが、まだ走ってませんからね。走り出したら速いですよ(そうか?) 

     その前に、どの時期の模型を再現すべきか、なんていう事を考えてみたりします。

     戦艦っていうのは時期によって、かなり装備品が異なっていたりします。モノによっては戦艦だったものを空母に改造しちゃったり、それなりに大改装を受けるわけですね。キットは、そういう部分も加味して、モデル化した年代を意識して作られています。島風の場合、昭和19年後半の武装強化時のスタイルでモデル化されていますが、これを竣工時のものにしたりすることも出来るわけです。

     今回は、基本的にはその手の改造はしません。基本的にキットのスタイルのままにして、ディテールアップしていくことにしました。こういう事は、ポリシーとして最初にきちんと決めておかないと、あとであれこれ悩むことになりかねません。

     艦船模型の場合、素組ならまだしも、ディテールアップしようとすると色々な資料が必要となってきます。ただ、あんまり資料集めに熱中してしまうと、そちらが主になって、模型が完成しなくなってしまうので、程ほどにしておきたいと思います。

     昨今ではネットという強い味方があります。まず、資料を買う前に、ネットの作例を探してみましょう。いずれも劣らぬ素晴らしい作品ばかりなので、今回の工作の参考にさせて頂きました。

     まずは、こちら。「建艦日報」さん。
     http://seniria.blog95.fc2.com/blog-entry-153.html

     光硬化型パテを使って縞鋼鈑のモールドを自作するという凄いテクニックを披露されていますが、それ以外の部分でもかなり参考になります。

     つづいてこちら。「ブリキ缶建造記」さん。
     http://ddminekaze.exblog.jp/i3/

     あっさりめの表現ながら、きちんとポイントを抑えた工作に共感が持てます。

     そのほか、オークションに出品されているかたの作例なども出ていますが、これは割愛。あとは各自探してみてください。

     書籍はねえ。島風は資料が少ないんで、あんまりいい本出てないんですよねえ。
     学研の「陽炎型駆逐艦」に島風の資料があります。この本は色々な意味で参考になりますが、既に絶版なのが惜しい。ただし、Amazonでも古本が買えるようです。
     細かい部分のディテールとなると、現時点で一番参考になるのが、軍艦メカ 日本の駆逐艦(丸編集部)でしょうか。

    軍艦メカ 日本の駆逐艦
    「丸」編集部
    4769815271


     島風に関しても、艦橋を筆頭に艦尾の爆雷装備の姿や魚雷発射管まわりの装備が平面図で描かれていて、なかなか参考になります。竣工時と最終時の作り分けをしたい時などにも便利です。3千円と、ちょっと高い本ですが、今後も駆逐艦のプラモを作りたいのなら、持っておいて損はない一冊でしょう。

     さて、随分前置きが長すぎました。そろそろ工作を始めましょうか。

     最初に、問題の艦底をどうするか決めました。熟考の末、オリジナルのダイキャスト船底を使うことにします。まあ、接着するのは最後になりますので、とりあえず放置したまま進めます。

     船体を見て、何だかのっぺりしているなあ、と思った貴方は正解です。リノリウム甲板の止め具も、縞鋼鈑もモールドされていません。縞鋼鈑のモールド再現には、市販の網目板を貼るという手がありますが、これは結構ハードルが高い。
     建艦日報さんの光硬化パテで作る縞鋼鈑にはかなり惹かれるものがありましたが、今回は簡単に済ませたいので、ごく単純に、カッターナイフで斜めの筋彫りを入れて誤魔化すことにしました。(どうやっても縞鋼鈑には見えないのですが、雰囲気重視です)



     個人的感覚として、1/700の戦艦にモールドされている縞鋼鈑って、物凄くスケールオーバーなんじゃないかと思うんですね。実際、そこそこ目が粗いようではありますが、それにしてもそんなに粗いのかな?と思うくらいの印象があります。だから、ヤスリ状に筋目を入れるだけで、何となく縞鋼鈑のようなイメージになるんじゃないかと思ったりしたんですが、全然縞鋼鈑には見えませんねえ(ガックリ)。

     艦首に物凄い「ヒケ」がありましたので、パテで埋めるついでに、舷窓の数が竣工時の状態になっているそうなので、余分な窓もパテで埋めてしまいます。
     錨の表現があっさりしすぎているので、削り落とし、アンカーセレス(錨を収めるくぼみ)を彫ります。



     これは作業中の写真。ヒケは目一杯パテを盛っておかないと、乾燥したときにパテが痩せますので、こんもり盛って放置。処理は明日以降の作業になります。
     舷外電路はキレイにモールドされていますので、出来ればこれはこのまま残したいんですが、ちょっと間違えると削り落としそうです。削っちゃったら削っちゃったで何とかなるんですけど、さて、どうしますかね。

     この時点で、ダイキャスト艦底と嵌め合わせてみます。ダイキャストのほうが歪んでいることがありますので、ガラス板などの上で水平になっているのを確認してください。歪んでいたら、手でゆっくりと曲げて補正します。これが面倒だったら、プラ板で作りなおしたほうがいいでしょう。



     船体と合わせてみると、船尾が浮きました。これだけ船体側が反っているという事になります。まだ艦底は接着しませんので、このままにしておきます。

     今日はこのくらいにしておきましょうか。毎日少しずつ作れるといいなあ。

    【1/700艦これ】島風を作る(1)

    0

        これから10月まで、軽便祭の準備でおおわらわなのですが、例によって秘密裏に計画を遂行しなければなりませんので、あまりブログに進捗状況を書けないのです。1ヶ月以上、何も書かないのも何だかな、と思うので、隠密行動に平行して、何か肩の凝らないプラモデル製作記でも書いてやろうと思いたち、こんなのを買ってきました。



       1/700、ウォーターラインシリーズ 島風です。

       これを選択したのには、「艦隊これくしょん」というゲームの影響があります。

       登録者60万人、アクティブユーザー33万人という物凄いバケモノゲームに成長してしまった「艦隊これくしょん」。私自身は、プレイ時間が勿体ないので、ゲームはやらないのがポリシーですが、ここまで人気になるとそれなりに気になってきます。

       「艦これ」を簡単に説明すると、ブラウザ上で遊ぶゲームで、可愛い女子に擬人化された第二次大戦中の連合艦隊の艦船を使って、未知の敵と戦うというシミュレーションゲームです。ウォーゲームとカードゲームの要素も持ち合わせているようですね。元々ウォーゲーム好きでしたので、やりだしたらハマりそうなので絶対やりませんが。

       一方で、擬人化(というかコスプレ?)された各艦艇の声を人気声優が担当しているらしく、そっち方面のオタク男子にも好評のようで、あっという間に大人気になったみたいです。原則的に課金制ではないので、お金を掛けなくても色々遊べるのが爆発的人気に繋がった要素の一つのように思います。色々調べてみると、駆逐艦島風が人気のようでした。微妙にエロいコスチュームが人気なんでしょうか。

       「艦これ」好きな人たちが、若干なりともプラモデルにも興味を示しているようで、ボークスの戦艦コーナーに行くと、艦これのキャラクターの絵がこれでもかと飾ってあってビックリしました。便乗しますなあ。で、これが島風ちゃんです。



       この子はレアリティの高い「ホロ」なんだそうです。何だそのトレカ仕様。

       後ろにくっついているヘンテコなぬいぐるみみたいなのは「連装砲ちゃん」というそうです。これ作るか(笑)

       で、まあ、折角ですから、ウォーターライン初心者諸氏にも分かりやすく、戦艦プラモデルの作り方みたいなものを説明しつつ、今回は比較的まじめにスケールモデルを作ってやろうという算段です。
       
       というわけで買ってきました島風。1200円もします。高いねー。でも、これで安いほうなんですよ。戦艦クラスになると平気で3000円以上もします。

       私がウォーターラインにハマっていた40年前(ううっ、もうすぐ半世紀だ)、駆逐艦は100円だったんですよ。だから買いやすくて作りやすかったんですよね。今回も、駆逐艦を大人買いして水雷戦隊でも作ってやろうかね、などと目論んでいましたが、1隻千円ですよ。なんと言うインフレ。しかもね、当時は島風だけ150円だったんですよ。この船だけダイキャスト艦底という特殊仕様なんですね。それで高い。だから、僕らの仲間内では人気がありませんでした。当時、世界で一番速い駆逐艦だったんですけどねえ。当時の小学生にとっては、50円高いっていうだけで悪者扱いです。



       で、このダイキャスト艦底ってのが曲者でしてねえ。鉄道模型の方々はご存知のとおり、ダイキャストってのは色々と始末に悪いのです。反ってたりしたらアウトだし、経年劣化で崩壊するし。そんなわけで、多くのモデラーがダイキャスト艦底は使わず、プラ板で自作しているようです。そのあたりをどうするかも含めて、初めて作る人の手助けになれば幸いです。

       さらに言うならば、島風ってのは一隻だけの試作艦なので、色々トラップがあるんですな。
       例えば魚雷。島風のために開発された零式五連装水上発射管。こんなのは当然島風しか装備していませんので、ピットロードとかのグレードアップパーツが存在しません。そのあたり、不満があったら自分で何とかしなくてはいけないのが辛いところです。

       で、その田宮製品なんですが、ダイキャストが災いしたのか、島風はラインナップの中では比較的不人気で、資料も少ないので、そんなに作例を見たことがありません。そのためか、40年前の金型そのもので、何とものっぺりとした船体なんです。リノリウム甲板の押さえ金具の表現も無いし、縞鋼鈑のモールドも省略されています(もっとも、1/700スケールの縞鋼鈑はどれを見てもスケールオーバーな気がしますが)。



       さあて、どこまで手を入れましょうかね。まずは、グレードアップ用のパーツを買ってくることにしましょうか。
       
      準備するもの(備忘録的に)

      田宮 ウォーターラインシリーズNo.409 島風 
      ★ピットロード 装備品セットIVおよびV
      ★0.3mm、0.5mm、0.8mm真鍮線
      ★0.5mm真鍮パイプ(内径0.2mm)
      ★LANケーブル(ジャンクで良い)
      プラモデル用セメント
      瞬間接着剤

       
       とりあえずこんなもんかなー。★印はグレードアップしたい人用。適宜、追加削除していきます。

       工具は、ニッパ、ヤスリ、紙やすりなどです。

       ここまで一から揃えると、軽く5千円くらいすっ飛んでいきます。意外と金掛かるねえ。

       



      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • レベルカラーの話
        karaya
      • 原点回帰
        雀坊。
      • 原点回帰
        YANチョ
      • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
        雀坊。
      • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
        ofp857
      • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
        雀坊。
      • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
        J6K1
      • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
        雀坊。
      • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
        YANチョ
      • 猫屋線まだまだ改造 「田舎湘南」羽後交通っぽいキハ
        雀坊。

      recommend

      recommend

      recommend

      recommend

      profile

      書いた記事数:271 最後に更新した日:2019/03/31

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM