何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。

0

      えー、ひょっとしたら地雷を踏んじゃったかもしれませんけれど、不毛な議論には首を突っ込まず、傍から色々考えてみようというわけです。

     私のような雑食系モデラーからみて、鉄道模型が奇異に映るのは、「ゲージ」なる呼称の存在です。他のモデルには縮尺の概念はありますが、ゲージという概念はありません。そりゃそうだ、デンシャは線路の上を走るんだから、縮尺のほかに線路の幅という概念があるんですな。

     ところが、この線路の幅というヤツが、縮尺どおりではない。従って、不毛な議論が後を絶たないというわけです。私がゲージ論を不毛だと思うのは、そのゲージなるものが誕生した時代背景などを無視して、全て現在の視点でしか物事を語っていないという点に尽きます。

     米国型HO(1/87 16.5mm)は、ほぼ縮尺どおりの線路幅なので、これに異を唱える人は居ないでしょう。同様に、HOn3(1/87 10.5mm)も殆ど縮尺どおりです。HOn2 1/2 については、正確には8.8mmゲージとすべきでしょうが、0.5mm単位でまるめ計算することにすれば許容範囲。HOn2については7mmゲージとすべきですが、現実的には6.5mmを使いますね。ここはちょっと意見の分かれるところかもしれませんが、既存インフラを有効に使うという意味合いで、ありだと思います。

     しかしながら、日本で問題になるのは1/80 16.5mmというモノ。私は、このスケールというのは時代背景などを考えると、実によく考えられたものだと思うのです。車両限界と、既存インフラを組み合わせて最大限譲歩し、しかも「他の外国型と組み合わせて走らせても違和感のないサイズ」という事で1/80という縮尺を考え出したのは、非常に理にかなっているものだと思うからです。

     縮尺と狭軌感に拘るなら、国鉄型車両は1/64 16.5mmのSゲージで作るべきだったかもしれません。しかし、1/64の日本型と、1/87のアメリカ型を一緒の線路で走らせるのは物凄く変です。1/64と1/87を同居させるのは、縮尺比率で言うと、1/35と1/48を同居させるのにほぼ近い感覚です。(64:87=35:48)さすがにそれはおかしいと思います。しかし、1/80と1/87の同居は、1/43と1/48の同居にほぼ近いので、これは許容範囲だと思います。
     お座敷レイアウト全盛の時代に、入手しやすいアメリカ型と混在して走らせることの出来た1/80の日本型車両たちは、それゆえ、日本のモデラーだけでなく、HOやOOを楽しんでいる米国や英国のモデラーにも好まれ、世界的にも通用するものになっていったという事だと思います。

     ですから、そのような過去からの流れをぶった切って、ガニマタはカッコよくないから13mmにするとか、1/87 12mmにするというのは、ちょっと違うと思うのですね。
     13mmは、1/80 16.5mmあってこその13mmなのですから、そこを否定してしまっては存在価値がありません。1/87 12mmは、13mmとは切り離して考えるべきで、そこには狭軌感再現というよりも、縮尺統一的な意味あいが強いと思います。

     例えば、HOn30のナローをやっている人が、自分のレイアウトに国鉄の情景を併設するならば、1/80 13mmではなく、1/87 12mmを選択するのが自然な流れです。その意味での12mmはありだと思います。
     でも、そこに1/80 13mmを持ってこようが、1/80 16.5mmを持ってこようが、それこそは個人の勝手だと思うのは私くらいなもんですかね?

     HOにはやたらと拘る人も、Nゲージになるとそうでもない。日本のNゲージは1/150 9mmですが、スケールどおりに作るなら国鉄型は7.1mmゲージにすべきですね。ああ、その意味ではZゲージは6.5mmじゃなくて7mmにすればよかったのにねえ。
     1/150の国鉄型で6.5mmを採用している人たちも若干おられますが、国内のほとんどのNゲージャーたちが、9mmという線路幅にほとんど拘っていないというのも不思議な感覚です。その割には、車体の細かいディテールには妙なコダワリを見せていたりするんですが、それって何だかなあ?という気がしないでもありません。

     結局、みなさん自分がやっているものだけが正しくて、他はダメと考えちゃってるのがいけないと思います。スバルの車が好きで乗っている人に、日産車の良さをいくら語っても無意味でしょう。巨人ファンの人から、弱い大洋ファンなど辞めちまえと言われて黙っていられないのと同じように思うのですよ、ゲージ論とやらは。常勝チームが好きな人には弱小チームを応援する楽しさは永遠に分からないでしょう。それならば、放っておいて欲しいのに、あれこれと口を出すからおかしな話になるのです。

     ゲージ論を見ていて滑稽なのは、呼称にやたらと拘っているという点です。名前なんてどうでもいいじゃないの、と思ってしまうんですけど、世の中そうじゃない人が居るんですねえ。色々比較してみますと、鉄道を趣味としている人には、他の趣味に比べて頑固者が多いようです。それを悪いことだとは言いませんが、もう少し他人の意見を拝聴する(媚び諂う必要はない)、或いは頭ごなしに否定しないという余裕を持って頂きたいと思うのですが、いかがなもんでしょう?

     色々なことにコダワルのは重要なことだと思います。でも、たかが名前に固執して、本筋を忘れてしまっては意味がありません。模型は作ってナンボの世界、鉄道模型には、さらに走らせて楽しむという醍醐味があります。そこを忘れて、規格のみにコダワリ続ける事に、何の意味があるのでしょうか?

     私は、そういう意味でも、一般的な縮尺を捨て、1/35 16.5mm とか、1/72 9mm なんていうヘンテコな模型を作ることにコダワッテいるのかもしれません。それも皮肉っぽいことなのでしょうか?


     


    コメント
     はじめまして。 
    今はどうかわかりませんが、1/150・7mmゲージという規格の鉄道模型を楽しんでいる方は過去にはいらっしゃいましたよ。7mmゲージの車輪が頒布されることが模型誌に紹介されてもいましたので意外な数のモデラーがいたのかも知れません。
    ただ小さいNゲージサイズの動力台車を加工し、線路も自作しなければならないのは大変で、改軌しても狭軌感が出るのと引き換えに一般のNゲージの線路を走れなくなるデメリットもあり、高い工作力と狭軌感へのこだわりがある人のみが手にする事が出来るちょっと特別な存在でもありました。
    そもそも狭軌感を出したい人は工作が容易で狭軌を実感できるもっと大きなサイズの模型をなされる事が多いでしょうから、わざわざNサイズで1067mmの狭軌表現をする方は少なくても当然ではあります。
     
     鉄道模型の規格には色々とあってそれぞれにファンがいます。HOのファンとNのファンとではファン層が違いますので考え方や好みが違うところもありますし、同じ縮尺のファンでも国鉄型の狭軌の表現にコダワル人もいれば、そんなことにこだわるよりは車輛のディティールにこだわりたいという意見もありましょう。違いはあるのが当然、自分はわからなくてもそれを楽しむ人もいる。
     
    「自分がやっているものだけが正しくて、他はダメと考えちゃってるのがいけないと思います。」
    というご意見には全く同感です。
    この手の話は何気ない一言が違う考えの人にとって「余計な口出し、やり方の否定」にとられてしまう事がありそのつもりは無くとも文句を言われていると受け止められてしまうこともあるのが怖いところですね。 

     規格の名前については統一してくれた方が便利かなとも思いますがいろいろ流派?があってややこしいようです。なにしろ規格の名称ですら「ゲージ」派と「スケール」派とに分かれているくらいですから。
    • とあるNゲージャー
    • 2013/07/21 10:32 PM
    こんばんは。
    とある、、ではなくて適当で構いませんので、ハンドルネームを書いて頂くとありがたいです。

    1/150 7mmは知りませんでした。ナローで7.1mmがあったのは知っています。
    いずれにしても、マイナーなスケールまたはゲージを楽しむのは難しい部分もありますが、反面、山のように次から次へと発売される新製品に、全く気持ちを取られることがないのはとても精神的に安定するようです(笑)
    • 雀坊。
    • 2013/07/21 11:07 PM
    初めまして
    昔マイクロエースのアジア号を買いました。
    当然1/160 9mmゲージと思っていましたが、なんと1/150で作られていて、既存のNゲージの車両と違和感が無い為と言っていましたが。
    以後マイクロエース製は買いませんが。
    日本の鉄道マニアはがに股蒸気機関車を不格好と思わないのでしょうか。
    • ofp857
    • 2019/01/15 10:12 AM
    ofp857さん、

    コメントありがとうございます。
    Nゲージャーではないので、ガニマタ云々は分からないですが、あじあ号が1/150なら、少なくともガニマタではないのですが?
    • 雀坊。
    • 2019/01/15 5:42 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 原点回帰
      雀坊。
    • 原点回帰
      YANチョ
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      雀坊。
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      ofp857
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      雀坊。
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      J6K1
    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      雀坊。
    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      YANチョ
    • 猫屋線まだまだ改造 「田舎湘南」羽後交通っぽいキハ
      雀坊。
    • 猫屋線まだまだ改造 「田舎湘南」羽後交通っぽいキハ
      YANチョ

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:270 最後に更新した日:2019/01/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM