猫屋線第3弾を買いました。

0
    昨日、帰宅したら通販で予約購入しておいた猫屋線第3弾が到着していました。



    今回はDL+客車と、DL+貨車2両というラインナップ。

    客車列車のほうは、凸型DLと、第一弾の気動車ボディを3枚窓にして客車化したもの。



    貨物列車のほうが、L型DLと、ホト、ホワフのセットになります。



    DLは2両とも協三タイプ。

    凸型は、塗装の感じから「蒙古の戦車」みたいなイメージに見えますが、どちらかと言えば尾小屋鉄道のDC121みたいな感じです。



    L型は沼尻鉄道のDC122とか、木曾のNo.127っぽい感じ。



    下回りも良くできています。これ、予定されている簡易軌道の機関車にも流用するんでしょうねえ。加藤や酒井にもなりそうです。動力はTM-TR02が指定されていますが、協三風のスタイルだとロッド式にしたいところ。アルモデルやトーマさんの蒸気機関車の下回りが流用出来そうな感じです。ちょっと考えてみます。



    DLの車体は、芯になる本体に、前面、側面、ボンネット上部、キャブの各パーツをはめこんでいく方式で組み立てられています。従って、幅広いんですが、意外と中のスペースが無い。指定動力以外で仕込む動力が、ちょっと難しい感じがします。



    ちなみに、Bトレ用動力はバンダイ、KATOともボディ側を欠き取る必要があり、簡単にはハマりませんでした。



    キャブのデザインは殆ど同じですが、凸型はボンネットに合わせて両側の前面が欠き取られています。キャブ挿げ替え、というのが一番目立つ簡単な改造になるでしょうか。アルモデルさんが何やら考えそうな気がしないでもないですw



    客車は第一弾の気動車の側面+客車の前面です。TM-07Rを使えば簡単に気動車化出来そう。電車に改造するのも良いですね。近鉄モニタイプの改造ベースはこっちのほうが楽だったなあ。



    注目の貨車。ホトもホワフも良くできていますね。ただし、青い車体は些か不自然な感じがします。出来れば黒のほうが良かったかも。レタリングが綺麗なので悩みますが、ウチでは真っ黒にしちゃうつもりです。





    ショーティーにして二軸貨車、というのは割と考えやすい改造例ですが、ディテールがしっかりしているので、切り継ぎはかなり慎重にやらねばならないでしょう。ニコイチでホトフにしたいなあ、とか思ったりもするんですが、それもちょっと勿体ないかも。

    いつもは2セットずつ買うのですが、今回は予算が無くて1セットずつのみでした。買い足すなら貨物列車セットのほうかなあ?








    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      雀坊。
    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      YANチョ
    • 猫屋線まだまだ改造 「田舎湘南」羽後交通っぽいキハ
      雀坊。
    • 猫屋線まだまだ改造 「田舎湘南」羽後交通っぽいキハ
      YANチョ
    • 猫屋線DLの動力化・・・
      雀坊。
    • 猫屋線DLの動力化・・・
      YANチョ
    • 猫屋線コンテストでRMM賞を頂きました。
      雀坊。
    • 猫屋線コンテストでRMM賞を頂きました。
      YANチョ
    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      雀坊。
    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      Tad

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:264 最後に更新した日:2018/04/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM