第13回軽便祭、ありがとうございました。

0
    昨日は、第13回軽便祭が、日本橋富沢町の綿商会館で開催されました。

    前日は、毎年実施されている講演会「軽便賛歌VIII」。これも8回目ですか。
    TMSの「新諸国鉄道」でお馴染みの北市正弘さん、中国や台湾のSL写真で有名な蔵重信隆さんの公演がありました。

    木曾森林の最深部まで探訪した北市さんのお話、蔵重さんの台湾や韓国、インドネシアのナローゲージの写真と解説は、どちらも聴きごたえタップリでした。来年の軽便祭で小冊子になると思いますので、聞けなかった方は、お楽しみに。

    その後、関係者で恒例の前夜祭。しこたま飲みました。

    日曜日は、いつもの通り家元さんと車で出発。今年も「四頓☆倶楽部」の店番で参加です。
    順調に8時20分ごろ現地到着。既に3人ほど会場待ちの方々が陣取っていました。

    いつもの通り設営を行います。四頓☆倶楽部の展示はボックス型なので、あまり手間も掛からず、あっという間に完了しました。他の接続型のモジュールは結構大変で、開場直前まで調整で大忙し。もうちょっとボックス型を普及させたいですね。楽ですよ。

    家元さんのボックス型レイアウトは昨年のものと一緒ですが、TMSレイアウトコンペ入賞の銘板が光ります。昨年動かなかった重機も、ちゃんと動くようになっていました。

    また、今回は、四頓☆倶楽部に強力な助っ人が登場。

    まずはNaribowさんのパイク「柄石鉱山」。
    小さなパイクですが、建物にはNゲージの見慣れたストラクチャーを流用するという面白い技法を使っています。何人かのお客さんがそれを見つけて「こういう使い方もあるんだね!」と、感心していました。

    続いて蛇窪さんの「おっぱいく」。
    Zゲージのパイク=乙のパイク=おっぱいくというギャグですが、パイクの完成度は単なる駄洒落で終わっていないのが素晴らしいところ。走る車両も超スロー運転でビックリしました。何と、小さなギヤードモーターを仕込んでスロー運転が出来るようにしてあるそうです。よくあんな小さな車体にギヤードモーターが入りますね。

    そして長者丸さんの「どこかで見たパイク」。
    見る人が見ればわかる、某雑誌に掲載された土工パイクです。車両も同じ加藤!
    それを指摘してくれた方が一人いらっしゃった事を報告しておきます。

    その他、仲間のメンバーが作ったアルモデルの加藤4tを中心とした6.5mmゲージの車両を展示しました。

    私個人の展示はクリクラブースに、お題の「蒸機以外のロッド式機関車」という事で、旧作の「DC11もどき」。そして新作の「猫屋線改造電車・気動車4両」を展示しました。
    猫屋線のほうは、エコーモデルの阿部さんに絶賛して頂いて大感激。作った甲斐があったというものです。

    他の方々の展示をゆっくり見る時間は無かったのですが、お隣のOOninersの方々と、ちょっとだけお話。旧作のダグラス+バックマンNシフターを持参しましたが、残念ながら走らず。バックマンの下回りはダメですね。でも、有意義なお話をさせて頂きました。若い人たちがOO9をやっているというのは、実に頼もしい限りです。下回りにミニトリックスやアーノルドのT3を使っているというこだわりも良かったです。40年前の製品ですが、これが良く走るんだな。そこがバックマンとの差ですねえ。
    あと、アルモデルの動力を使った機関車もあり、これは今の時代にOO9のホワイトメタル製機関車を作成する時のスタンダードな工作法として、もっと普及しても良いなと思いました。ウチのダグラスも、近いうちにアルモデル動力に換装しましょうか。

    ***

    買い物は、けむりプロの阿里山写真集と前回の軽便賛歌の冊子のみ。

    記念板は、私のコンセプトに合致しなかったので、申し訳ないのですがスルーしました。もう1/87のスケールモデルは、作るつもりがないし、作らないまま板を死蔵しておくのも何ですし、作ってくれる方に買って頂ければと思いました。
    早々に完売したそうで、やっぱり酒井は人気あるなあと思いましたが、早速ヤフオクに出ているようです。転売屋には困ったものです。

    その他、動力装置関係で、幾つか欲しいものはあったのですが、お財布の事情が悪いので断念。まあ仕方ないです。

    トミーテックの猫屋線では、試作の第3弾が登場していました。アンデコのまま売って欲しいなー。そして、第4弾の発表と、簡易軌道着工のニュースも。第4弾はバケット付き気動車と、第2弾の色変え、一部仕様変更の客車が出るようです。既に幾つか魔改造の妄想が(笑)いくらでも改造するよー。
    また、簡易軌道のほうはミルクカーのイラストが展示されていました。

    あっという間に時間が過ぎて、祭もつつがなく終了。公式発表で720名の集客があったそうです。どんどん増えているのは有難い限りです。

    来年は是非、今作成中のレイアウトを完成させて、出品させようと思っています。

    そして、今年は1枚も写真を撮っていないことに、帰宅してから気が付きました(苦笑)
    写真は他のかたのブログやtwitterでご覧ください(おい)

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      雀坊。
    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      Tad
    • レベルカラーの話
      雀坊。
    • レベルカラーの話
      桜山軽便
    • レベルカラーの話
      雀坊。
    • レベルカラーの話
      栂森
    • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
      雀坊。
    • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
      栂森
    • 「猫屋線」並走させる本線は?
      雀坊。
    • 「猫屋線」並走させる本線は?
      YANチョ

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:239 最後に更新した日:2017/10/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM