猫屋線第2弾改造 塗装!

0
    気が付けば8月も終わりじゃないですか。
    今月は全く何も書かなかったのですが、手を休めていたわけではありません。

    猫屋線第2弾の改造を頑張っていました。



    前回の投稿以後、下回りの工作とカプラーの取り付け。カプラーはマグネマティックを採用です。定番の1015。老眼になりましたが、これの組み立ては、ちょっとしたコツを飲み込めれば意外に簡単です。

    下回りは、どうせ見えないので大幅に省略。宮下さんみたいに「スカートの中に凝る」ような事はしません(笑)
    旧型電車の床下器具は、抵抗器が存在感を示していますので、これだけエコーの製品を買って、2個ずつに切り分けて使いました。後のパーツはあまりのエアタンクとか、Nゲージ用の床下器具、プラモデルの余り部品などからそれらしくチョイスして適当に付けています。
    スケールモデルではないし、そんなので充分だと思います。



    色気を出して、先頭車にはカプラー脇にジャンパー栓を付けました。ジャンパー栓の目的は、ブレーキ廻りの引き通しに使われるほか、総括制御を行うための電気信号の引き回しです。近鉄ナローなどでも小さな2本のジャンパーホースが見えていますね。
    あまり大袈裟にしたくなかったので、1個だけ付けています。ブレーキ関係という事にしておきましょうか。

    さて、夏休み中に塗装を済ませようと思ったのですが、生憎の雨天続きで、ようやく晴れたのが先週末。一気に6両を塗装しました。カラーリングは前回と同じく西武赤電色。当社の電車の標準色です。マックの単端には枯草色を塗りました。これも2色塗装の予定でしたが、最後はバテバテになったので単色で誤魔化します。



    「金太郎の腹掛け」にしたものが多く、このマスキングに手間取り、さらに屋根にはスエード調を吹いたのですが、目詰まりして荒くなってしまい、6両塗り終わったころにはへとへとになってしまいました。
    湘南型の2両は、M車が金太郎、T車は敢えて一般的な塗り分けにして変化を付けました。三重交通だと、こちらの塗り分けのほうがしっくり来ます。



    M車のほうは、ちょっと日和って連結面の3枚窓のほうも運転台をつけちゃいました。先日、熊本まで旅行に行ったのですが、熊本電鉄の元東急5000に、かなり影響を受けているのは否めません。



    ハカイダーも、こんな感じに。作る前は山形交通三山線のイメージでしたが、出来上がってみると何やら下津井っぽい雰囲気でもあります。



    マック単端は単色にしましたが、窓枠を黄色く塗りたい欲求が出てきてしまいまして、さて、どうなる事やら。

    あとは、失敗した部分のレタッチと、下回りの塗装。憂鬱なHゴムへの色差しなどが待ち構えています。RMMの猫屋線コンテストに応募しようかなと思っていたのですが、この調子では間に合いそうもありません。どうもコンテストみたいなヤツとは縁が薄いです。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 猫屋線コンテストでRMM賞を頂きました。
      雀坊。
    • 猫屋線コンテストでRMM賞を頂きました。
      YANチョ
    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      雀坊。
    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      Tad
    • レベルカラーの話
      雀坊。
    • レベルカラーの話
      桜山軽便
    • レベルカラーの話
      雀坊。
    • レベルカラーの話
      栂森
    • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
      雀坊。
    • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
      栂森

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:243 最後に更新した日:2017/11/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM