猫屋線妄想改造(その2)電車編

0

    今日は旧塗装のほうを色々いじってみたいと思います。



    猫屋線キハ3は、イメージとしては尾小屋のキハ1あたりの雰囲気だと思います。そのまんまでも、まあ何とか通用するかな?



    実際のキハ1は、左右非対称なので、仙北のキハ2404同様、キハ1に近づけるとなると、かなりの切った貼ったが必要ですね。仙北の場合、両側とも左から1D8D2という窓配置になるので、妻板、側板、屋根を全てバラバラに切り離してから、側板を刻んで入れ替えて貼り付けるという難工事になりますが、尾小屋は左右同じ側が2枚窓なので、片方のドアとその次の窓枠を切り取り、ひっくり返して接着すればよいという、比較的(あくまでも比較的ね)簡単な切り継ぎになります。

    それにしても、なんで屋根まで一体化しちゃったかなあ。屋根が外れれば、もう少し楽になるんですけどね。



    もうちょっと簡単に、お手軽改造だと鮮魚台が一番でしょう。下津井鉄道の非電化時代に、カハ5というのが居ました。こんな感じですね。但し台車は鋼製台車を履いていましたので、拘るならそのあたりも要改造です。ちなみに鮮魚台は、アルモデルの軽便用がありますが、ちょっと小さい感じ(使えないほどではありません)、同じアルモデルの16番用は大きすぎます。フクシマの駄知鉄道キハ12の鮮魚台とかどうでしょうね?入手は困難と思いますが。自作も可能ですから、そのあたりはお好みで。



    下津井に、後年電車化されてパンタグラフを載せた気動車がいました。モハ50型がそれです。但し、実物は窓2個分長いです。画面向かって左側に運転室扉、右側に窓1個追加ですので、これも重たい改造になっちゃいますね。そこまでしなくてもいいでしょう。むしろ台車をそれっぽく変えたほうが良いかも。



    さて、電車化という事でしたら、単純にパンタグラフを載せるだけでも良いです。電車っぽく見せたいなら、ステップを切り取ったほうが良いと思います。出来れば台車も電車用に振り替えると良いでしょう。N用のDT11なんかでも良いと思いますが、その際、動力はEF級電機にすると良いと思います。すでに某氏が改造してるようです。



    ニコイチに出来るのなら、贅沢に使って近鉄モニ220風。前面が2枚窓のままですけど、実物にも事故復旧車のモニ225というのが二枚窓で存在しました(Hゴムでしたが)。そういえば、赤井哲郎さんが作ったプラの近鉄ナローは前面2枚窓のが1両ありましたっけ。ホハフの妻板を移植すればベストですが、それだと歩留りが悪そうです。
    この場合も下回りは何か別のものをあてがう必要がありそうですね。

    明日は、ホハフ改造ネタをご披露します。

    <つづく>

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 軽便讃歌宗第15回軽便祭
      雀坊。
    • 軽便讃歌宗第15回軽便祭
      ものぐさ太郎α
    • レベルカラーの話
      karaya
    • 原点回帰
      雀坊。
    • 原点回帰
      YANチョ
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      雀坊。
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      ofp857
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      雀坊。
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      J6K1
    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      雀坊。

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:275 最後に更新した日:2019/11/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM