富井電鉄猫屋線が来た!

0
    個人的な、今年度注目ナンバーワン製品、トミーテックの猫屋線が到着しました。ネット通販で予約しておいたのです。



    早速中身を見てみましょう。

    旧塗装と新塗装に分かれます。キハのほうは全く同じボディで、塗装のみが違います。



    旧塗装は、いわゆる富井電鉄色。10年前の鉄コレ第一弾を思い出しますね。あれで鉄模復帰したので、感慨深いものがあります。ま、塗装落としちゃいますけどね。手すりが一体表現なのが目立つかな?ここは削って別付けにするか、白で塗ると結構誤魔化せるようにも思います。



    新塗装は、いわゆる「仙北色」ですが、塗り分けラインが違いますね。実物はオデコも金太郎分けです。どっちかというと、レタリングも含めて駿遠線ぽい感じ。駿遠線のオレンジと青はアクが強いので、こちらの淡い色合いのほうが好まれやすいでしょうか?

    私は、日本のナローゲージャーでは珍しくOO(1/76)を採用していると嘯いておりますが、現在もスクラッチした作品は極力1/80前後のスケールで作成しています。まずは、それらと比較してみましょう。



    まずは、ホハフ55と、尾小屋のホハフ8タイプとの比較。おおー!!バッチリ同じだ!!嬉しい!!





    キハ5と、キハ04タイプナローとの比較。床面高さ、窓枠高さがバッチリ同じだ!偶然だけど凄い!俺の設計図盗んだか?(笑)





    キハ3と、MODEMOの江ノ電108ナロー化との比較。これも窓枠高さほぼ同じ!!

    いやー、やりましたね。1/80万歳(笑)

    続いてミニトレインズのエガー2号機タイプとホハフ53を繋げてみる。



    意外と似合ってるじゃないですかー。これは良いですね。うん、ミニトレインズとの相性もバッチリだ。問題はカプラーですか。ウチのはマグネマティック改造済なので、何とかイケそう。純正ミニトレインズと組み合わせるなら、エガータイプカプラーへの換装キットとか、出したら売れるかな?

    実は、予算が足りなくて、指定動力を買っていないのです。ひとつは指定動力で行こうと思っていますが、もう一両は、手持ちの動力で何とかしたいと思っています。



    ふふふ、バッチリだー!!!

    まずは予定どおりです。思った以上に出来が良いですね。さて、どう料理しましょうか。これはしばらく楽しめそうです。レイアウト作成と並行しながら、加工がんばります!!



    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      雀坊。
    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      Tad
    • レベルカラーの話
      雀坊。
    • レベルカラーの話
      桜山軽便
    • レベルカラーの話
      雀坊。
    • レベルカラーの話
      栂森
    • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
      雀坊。
    • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
      栂森
    • 「猫屋線」並走させる本線は?
      雀坊。
    • 「猫屋線」並走させる本線は?
      YANチョ

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:239 最後に更新した日:2017/10/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM