1/700 陽炎型駆逐艦最終タイプを作る(1) ドリルを折りまくって航外電路

0
    およそ1年前、1/700の島風を作り始めて頓挫したままでした。
    一応、航外電路とかも付けて、こんな感じまで仕上げたんですけどね。



    ところが先日、ピットロードさんから衝撃の広告が出てしまいました。11月に、新製品の島風が出ちゃうんです。試作品の写真を見ると、これがなかなか素晴らしい出来。一気に制作意欲を無くしてしまいました。

    仕方ないので島風はここでお蔵入りですが、その一方で何か別の駆逐艦を作りたいと思いました。
    何でも良いんですが、アオシマ、ピットロード、フジミの3社競作となっている陽炎型を3隻作り比べてみようと思います。



    とりあえず、アオシマとピットロードの雪風を入手。一番出来の良いフジミは手に入らず、後回しになりました。

    両社とも1945年の最終型を模型化しています。目立つ違いは後部の2番砲塔が撤去され機銃が付いていることです。

    まずは、手強いアオシマのキットから何とかします。フジミ脱退後にリメイクされたものなので、アオシマのキットの中でもまあまま良くできているほうですが、艦側面に窓が一切なく、航外電路もついていません。

    そこで、そのあたりの表現から再現してみました。窓は、ピットロードの製品をガイドにして0.5φのドリルで穴を開け、一部は再度0.5φの真鍮線で埋めます。開けて埋めるのは不毛ですが仕方ないです。



    航外電路は0.3φの真鍮線をなまして巻き、接着します。表面をやすりで削って平らにし、0.2φの真鍮線を使って留め具を挿していきます。最初、この留め穴を0.2mmのドリルで開けようと思いましたが、あっという間にドリルを折ってしまったので、0.3mmのドリルにスイッチしました。線は0.2φのままです。



    片側を作るのに2本折りました。計3本を折った計算になります。うへえ、金掛かってしかたないですな。

    とりあえず航外電路の残りは後回しにして、気分転換に艦橋を作ります。やはり0.5mmのドリルで窓を開け、フジミのエッチング板でディテールアップ中。



    今回は完成させますよ(苦笑)

     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 軽便讃歌宗第15回軽便祭
      雀坊。
    • 軽便讃歌宗第15回軽便祭
      ものぐさ太郎α
    • レベルカラーの話
      karaya
    • 原点回帰
      雀坊。
    • 原点回帰
      YANチョ
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      雀坊。
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      ofp857
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      雀坊。
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      J6K1
    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      雀坊。

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:275 最後に更新した日:2019/11/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM