架空戦闘機Xウィングを作る。

0
    というわけで、軽便祭も終わったので、プラモデル制作にシフトしたいと思います。
    いつもは戦車ばかり作っているんですが、今回は積みプラの中からこれをセレクト。



    イタレリのキットを日本の田宮がOEM販売している「タミレリ」のメッサーシュミットBf109と、LS倒産後、金型を引き取ったアリイの97司偵2型です。

    何で急に飛行機を作ろうかと思い立ったかというと、これ。
    449923140X 松本州平のヒコーキ模型道楽
    松本 州平
    大日本絵画 2014-09-01


    by G-Tools


    いやー、この本いいですわ。あの、「改造しちゃアカン!」の松本先生による秀作の数々が紹介されています。日本におけるドライブラシ技法の始祖みたいな人なので、鉄道模型ファンも読むべし。
    で、この中に出てくる飛行機の模型がどれも素晴らしい出来なので、制作意欲を掻き立てられたというわけ。

    でも、そのまま作るのは私のポリシーに反します。「キットは改造しちゃアカン」のですが、フリーランスにするんだからいいでしょう。(変な理論?)

    ***

    その昔、スターウォーズが日本で公開されたころ、周りにミリタリー好きが居なかった私は、一人でノートに架空戦車とか架空戦闘機みたいなのを書いて楽しんでいました。そして、スターウォーズで見た、XウィングとYウィング戦闘機が、どちらもカッコ良かったので、それを第二次大戦機に置き換えてデザインしたことがありました。
    F4-Uコルセア、BF-109、F-105サンダーチーフあたりをモチーフとしたXウィングと、景雲、F-8クルセーダー、ブリストルボーファイターあたりをモチーフとしたYウイングを描いたのを覚えています。

    Xウイングのうち、Bf109タイプは、ある雑誌でみた大戦前のレース機、ベック−マホニーの「Sorceress」にインスパイアされていました。このノートはどこかに取ってあるはずなんですが、見当たらないので当時の記憶を呼び起こしながらスクラッチしてみたいと思います。

    まずはBF109のボディをそのまま組み立てて、主翼は逆ガルウィングにします。主翼の芯に1mm真鍮線を入れて強度を増しておきました。こうしないと組み立てがかなり面倒くさくなりますし、芯を入れないで接着だけに頼ると、途中でポキッと折れたりしますので、その防止の意味でも役立ちます。



    続いて操縦席の横あたりから、上の主翼を生やします。これは97司偵のもの。若干後退翼気味なのが斬新です。これにも芯に真鍮線を入れ、ボディで両翼を保持するようにしておきました。



    主脚には97司偵の固定脚を使っています。引き込み脚嫌いなんですよ。すぐ折れるし。そのあたりがトラウマになってるんですね。ウチの自由形航空機は原則として固定脚。ジェット機でも固定脚にしてやる。

    プロペラとスピナーも97司偵のものを使いました。これで何となくベック−マホニーっぽくなった感じ。
    さて、これで大体完成です。



    どうでしょう?雀坊空軍の主力戦闘機BF109X、通称Xウィングです!

    早速塗装します。ボディは原色のイエローとレッド。その他は青みがかった白としてみました。第一次大戦のドイツ軍機っぽい感じにしたいなと思います。



    第一次大戦のドイツっていえばアレですよ。ローゼンジパターン。
    これを主翼に表現してみたいと思います。
    最初はデカールを使うつもりだったんですが、どうもイマイチなので塗ってみました。
    塗りの工程は以下のとおりです。

    まず、型紙を作って青の箇所を切り抜き、これを主翼に貼って、切り抜いたところを鉛筆でなぞってマーキングします。



    それをガイドとして、まず青を塗ります。次に、ダークブルーのところを同様にマーキングし、塗装します。



    2色塗れば、あとはフリーハンドでマーキング出来るので、茶系とグレーの2色を続けて塗って完成です。よく考えたら、先に1色全面に塗っておけば3工程で済みましたね。次回はそうやって塗りましょう。かなり荒い表現なので、近くで見るとイマイチですが、1/72ならばこの程度でも十分だと思います。もちろん、もっと時間をかけて丁寧に塗ればさらによくなるでしょう。



    パイロットは97司偵に着いていた純和風のおじさんを、純和風に塗装して配属しました。日本の戦闘機乗りは白いマフラーがカッコいいんですよ。



    キャノピーは前方のみ、銀で枠を塗って接着。後方は開放式としてみました。
    プロペラはスピナーを白で塗り、プロペラは木目調にしています。スピナーは後で白黒半分に塗り分けるかも。



    休日二日を使って、割と急いで作り上げてしまいました。こういうのはスピードが大切。ちょっとサボるとお蔵入りしてしまいますのでね。
    さあ、何とか塗装も終わりました。途中からウェザリングも行っています。なかなかカッコいい戦闘機が出来ました(自画自賛)。



    レタリングは、久々にMDプリンタを使ってデカールを自作するつもりです。完成写真は、また来週にでもご紹介しましょう。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      雀坊。
    • 越後交通 栃尾線の車両たち
      Tad
    • レベルカラーの話
      雀坊。
    • レベルカラーの話
      桜山軽便
    • レベルカラーの話
      雀坊。
    • レベルカラーの話
      栂森
    • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
      雀坊。
    • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
      栂森
    • 「猫屋線」並走させる本線は?
      雀坊。
    • 「猫屋線」並走させる本線は?
      YANチョ

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:239 最後に更新した日:2017/10/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM