国鉄ナロー キハ4100を作る(6)

0
    さて、模型製作再開です。
    仕事の忙しさにかまけて、サボりがちでしたが、いつまで模型が作れるか分りませんので、少しばかりギアチェンジして行こうかなと思っています。今のペースでやっていると、気が付いたらあっという間に定年なんて事になっちゃいそうなので。

    それに向けて、このブログを始めた時から計画していたレイアウト制作にいよいよ着手しようと考えています。スケールはもちろんOO9。エガーバーンの機関車と、バリキットを筆頭にした英国製機関車を中心に、あとは自作オンリーで行きます。

    1/72〜1/80くらいのスケールを中心としますので、1/87は仲間には入れません。孤高のレイアウトとなるでしょうが、それはそれ。

    ただし、使えるものはなんでも使いますので、あんまり堅苦しい縛りは入れないようにするつもりですが、ひとつだけ言えるのは、キットの素組はしないという事かな?

    平行してOn2もやっていきますが、今年はアイドリング状態。

    **

    さて、意を決したところで、まずは仕掛の車両を完成させていきましょう。国鉄ナローと尾小屋風の客車がストックになっていますので、今日はこれを塗りました。

    気動車は形式キハ4100で決定。国鉄風に、朱色4号とクリーム4号にしたかったのですが、どちらも在庫が無い。仕方がないので手持ちのモンザレッドとクリーム1号で塗装しました。結果的には、尾小屋っぽい色合いになったので良しとしましょうか。


    片側の妻板は「金太郎の腹掛け」塗り分けにしてみました。少し歪んじゃったかな?難しいですね。

    尾小屋ボハフ8タイプは、窓下のみの塗り分け。こいつが一番きれいに塗れましたが、この後地獄のHゴム墨入れが待ち構えています。



    尾小屋ハフ1タイプも綺麗に塗れました。こいつはキツめにウェザリングしてみましょうかねえ。


    これらの3両は、マスキングの段取りを考えて赤から先に塗りました。通常は薄い色から先に塗るのですが、濃い色から先に塗ったほうが、はみ出しの処理やその後のウェザリング、チッピングなどがやりやすくなりますので、私は濃い色先派です。ただ、赤の発色を考慮して、事前にサーフェサーを塗っておきました。

    最後にワフ21000タイプを歯磨き粉満載の黒で。既にウェザリングも始めています。



    屋根は簡単に、缶スプレーのジャーマングレーを塗ったのですが、艶が出すぎました。明日やり直しです。楽をすると余計に手間がかかってしまいますね。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • レベルカラーの話
      karaya
    • 原点回帰
      雀坊。
    • 原点回帰
      YANチョ
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      雀坊。
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      ofp857
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      雀坊。
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      J6K1
    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      雀坊。
    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      YANチョ
    • 猫屋線まだまだ改造 「田舎湘南」羽後交通っぽいキハ
      雀坊。

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:271 最後に更新した日:2019/03/31

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM