【1/80 9mm】客車を作る(3) 尾小屋のハフっぽい何か。

0
    ご無沙汰しておりました。
    地獄の消費税対応を終え、まだまだ残課題はあるものの、漸く人並みな生活に戻ってきました。

    そんなわけで、早速模型工作を再開します。

    ネタは1月半ばから放置していた例の「国鉄型ナロー」の編成です。仕掛中のままだった、尾小屋ハフ1風の二軸客車を仕上げることにしました。

    まずは屋根です。この客車のオリジナルは、薄い屋根でありながら、軽いテーパーが掛かっている「丸屋根」仕様になっています。こういうのはヒートプレスで抜くのが一番楽なんですが、ワンショットなので、ヒートプレス用の型を作る手間で屋根が出来上がっちゃいます。2両目を作るつもりもないので、単純に積層プラで作ることにしました。

    しかし私は甘かった。積層プラの削り出しなんて、何年ぶりにやったか忘れちゃいましたけれど、敵は固くて加工しにくい田宮のプラ板。こいつを積層して削り出すのは豪く手間がかかるのです。忘れていましたねえ、この面倒くささ。エバーグリーンの柔らかプラ板を使うべきでした。冗談抜きで、加工に費やす時間が倍くらい変わってきます。

    結局、プラの削りカスと格闘することまる一日かけて、これだけ仕上がりました。段差のところはパテを盛りながら丁寧に消していきます。結構面倒な作業です。ああ、木製にしとけば良かったかなあ。



    うわ、写真もピンボケだ。めんどくさいのでこのままでご勘弁。

    続いて0.5φ真鍮線で、デッキの手すりを組みます。いつもの通り蒲鉾板に溝を掘って治具とし、そこに切り出した真鍮線を嵌めて半田付けします。半田付けなんてやったのも数か月ぶりです。勘が鈍りまくり。やっぱり模型はしばらく遠ざかるといけませんね。



    デッキの手すりは、床板に穴を開けて差し込み、瞬間接着剤で固めます。おっと、瞬間接着剤が切れていました。近所の100円ショップで調達しましたが、当たり前のことですが、100円ショップも売価は108円になってるんですねえ。増税めんどくせえ。

    あとは、細かいディテールアップをして、本体生地完成。



    屋根は取り外せるようにしてあります。内装も仕上げませんと。

    さて、今週末はいよいよ塗装しますかねえ。塗装も久しぶりなので、何かで予行演習しておく必要があるかもしれません。

     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 軽便讃歌宗第15回軽便祭
      雀坊。
    • 軽便讃歌宗第15回軽便祭
      ものぐさ太郎α
    • レベルカラーの話
      karaya
    • 原点回帰
      雀坊。
    • 原点回帰
      YANチョ
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      雀坊。
    • 何で鉄道模型だけ、厄介な名称議論などしているんでしょうねえ。
      ofp857
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      雀坊。
    • レベルカラーの思い出(模型塗料史を兼ねて)
      J6K1
    • Zショーティー動力を使ってナローを作る(4)
      雀坊。

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    profile

    書いた記事数:275 最後に更新した日:2019/11/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM