ストラクチャーの制作(その13) ホルモン「チエちゃん」

0
    軽便レイアウトのストラクチャーを制作中です。

    駅前のささやかな商店街の外れ、神社の隣に位置するのがホルモン屋さん。
    屋号は「チエちゃん」です。マンガでお馴染み「じゃりン子チエ」の舞台です。



    STウッドとボール紙の組み合わせ。屋根はトタン板とし、これも紙で作ってあります。
    看板は手書き。暖簾も紙に手書きです。少し滲んだ感じにしてみましたが、やりすぎたかな?

    「居酒屋」をレイアウト上に設置するときの問題点は、昼間は開いてないということです。
    通常のレイアウトは昼間を想定して制作していると思いますが、居酒屋や一杯飲み屋だと、まだ営業時間前なので、扉は閉めてあるのが普通ですし、暖簾や赤ちょうちんも掛かってないと考えるのが自然ですね。そうなると、見た目は「しもた屋」と大差なくなってしまいます。

    その点、「ホルモン屋」などの場末の飲み屋の中には、昼から営業している店もあり、暖簾を下げてもおかしくありません。場所によっては朝から営業しているお店もあって、人生を棒に振った方々の憩いの場になっていたりします。



    暖簾で中が見えなくなっていますが、一通り内装は作るつもりです。朝から飲んだくれたオヤジ人形も配置しましょう。焼き場には髪の毛を赤いポッチリでまとめた少女「チエちゃん」の姿。お店の前には黒シャツ腹巻雪駄のいかついオジさん「テツ」。屋根の上には「小鉄」と「ジュニア」の2匹の猫を配置して、「じゃりン子チエ」の世界そのままを再現したいと思っています。



    となりは、以前紹介した、エムズコレクションの「はいから商店」改造の郵便局。色々悩んでいるうちに2年以上が経過してしまいました。当初内装もちゃんと作ろうと思っていたのですが、昭和40年代の特定郵便局の内装の資料が全くありません。小学校時代に、切手を買うために通っていた近所の郵便局の内装の記憶もあやふやで、どうしたものかなと思っているうちに、ダラダラと時間だけが経過しています。

    とりあえず、完成を優先しますので、内装は適当な感じで誤魔化すしかないかな?と思っています。



    ストラクチャーの制作(その12) 駅前大衆食堂を作る(2)

    0
      大衆食堂の続きです。

      正面に、食品サンプルの棚を設置しました。



      棚は0.4mmのプラ板を切り貼り。土台の部分は3mm角材です。

      丼は、3mmのプラ丸棒を削って作り、ガンダムマーカーで色付けしました。



      一番上のお皿は、単に紙を丸く切って色付けしただけ。それでも何となくそれっぽく見えますね。

      流石に目がきつく、ほぼ「心眼」での作業になりましたが、それっぽく仕上がったので大満足です。

      さて、次のストラクチャーに取り掛かりますか。
       

      ストラクチャーの制作(その11) 駅前大衆食堂を作る

      0

        ここのところ、ほとんどブログを書いていないのですが、レイアウトの制作は牛歩の歩みながら進んでいます。

        まずは一番面倒なストラクチャーをある程度モノにしようという事で、駅前広場(広場というほど広くないのですが)周辺の建物を作っています。



        今回作ったのは駅前食堂。いきなりほぼ完成写真ですみません。工作中の写真を撮り忘れました。

        昔はこの手の食堂は、たいていどの駅前にもあったものですが、最近は、とんと見かけなくなりましたね。和洋中華何でもあれの食堂。

        これまた、エムズコレクションの「かどや」をベースにしました。ほぼ素組に近い状態で、雨樋だけ、1x2x1のチャンネル材と1φの真鍮線で表現してあります。



        キットはモルタルを表現していますが、横着をしてサーフェサーの地のままでコンクリ仕上げとしてみました。

        看板と暖簾は、ネットの実物写真などからデータを集めてPhotoshopで加工したもの。これを1/80サイズにして写真用紙に印刷して切り抜いただけです。便利になったもんですね。

        参考までに原寸大の画像をアップしておきます。

         

        諸般の事情で少し変更しました。清酒犬神なんてのはありません(笑)

        悪酔いしそうですな。

         

        本来は内装も作りたいのですが、構造的に屋根を外しても二階しか見えないし、どうしようかと思案中。あっさり省略するのも一つの手ですかね。

        あとは、正面右に食品サンプルの棚を作って完成になります。透明プラ板の在庫が無かったので、その作業は次回。





         


        ストラクチャーの製作(その10) 駅舎を作る(3)

        0
          ここのところ出張続きで、土日は片方が完全休日、もう片方で買い物などを済ますとなかなか模型を作る気力が湧きません。

          このままでは何も完成しないまま尻切れトンボで終わりそうな危機感を感じたので、3連休の最終日、気合いを入れてストラクチャーと車両の製作を行いました。

          前々回ご紹介した駅舎のホーム側屋根を作ります。

          ベースは2x2角材に、1.5×1.5の補強を付けて、柱の床側には紙を巻きます。



          屋根は、エコーの波板を使う予定でしたが、品切れ状態が続いていたので、紙で自作してみました。



          製作法は、カマボコ板に0.8φ真鍮線を3mm間隔で接着し、固着したら、0.3tのケント紙を当てがって、真鍮線に合わせて筋を付けていくだけです。先の丸い、インレタ用の擦り棒を使うと滑らかに波型が付きます。



          これを、両面ともに行うと、綺麗な波板が出来上がりますので、適当な大きさに切って、接着していきました。



          この波板の試作品が出来上がった頃に、エコーモデルから波板再販の告知があり、ガックリ来ましたが、まあまあの出来でしたので、このまま行くことにしました。

          塗装は、くたびれた感じのトタン板にするために、まず艶消しの水色を塗り、その上から複数の茶系の塗料でサビを表現します。最後にウェザリングパウダーをはたいて出来上がり。少しやり過ぎたかな?



          **

          先日の蒸気動車は、黄色と黒に塗り分けてみました。キット付属の窓ガラスを入れ、レタリングと軽いウェザリングを施して完成です。



          これでまずは完成としますが、折角なので、車内にはお客さんを乗せてみようと思います。



          T氏の家(仮称)を作る(その1) 

          0
            大変ご無沙汰しております。年度末も乗り越え、ようやく模型工作再開出来ました。
            が、写真の仕事なども多数重なり、模型のほうは徐々にペースアップという感じです。
            今は、半年ほど放置していたレイアウト作成を再開しています。

            放置の理由は色々あるんですが、そのひとつがこれ。
            あまり見かけないデザインで、寄棟造りが印象的な古い民家です。仮に、T氏の家と呼んでおきます。



            今回のレイアウト作成で、是非とも作りたかったストラクチャーのひとつなんですが、何せ資料が絶望的に無い。
            そこで、分らない部分は想像で補うしかないのですが、色々考えすぎてしまいました。

            もうちょっと気楽に作ればいいと思って、エイヤっと形にしてみると、意外とすんなり行きましたね。



            ボール紙とSTウッド、エコーの瓦屋根と窓枠を使った標準的な作りです。

            塗装はウェザリング用ブラウンをぶっかけたのち、バフをかけています。

            現在は、細かいディテールアップ中で、雨どいなどを制作中。二階は窓が開いている状態とし、内装もある程度作りこみます。



            これには最後にギミックが搭載され、正式な名前が付いてお披露目となるんですが、それはもうちょっと先の話。

             

            ストラクチャーの制作(その8) 駅舎を作る(2)

            0
              前回作った、「サツキとメイの家」風の駅舎ですが、洋館部分の屋根が高すぎたので、低めに改造しました。これで随分バランスが良くなったように思います。



              張り出し部分は白、屋根はオリジナルに敬意を表して赤にしました。良いアクセントになりそうです。



              さて、次のストラクチャーを作っていきますが、その前にちょっと息抜き。プラモデルを作りたいと思います。



              既に仮組していますが、これはウィーゴというオリジナルロボットのプラモデル。接着剤不要で組み立てられます。最近のプラモデルはすごいですね。ガンダムによる部分が大きいと思いますが、手足は可動式だし、接着剤不要だし、物凄い金型技術だと思います。

              40年前のフロッグとかリンドバーグとかアオシマのプラモデルなんて、合いが悪くてまともに組み立てられないような粗悪なモデルがたくさんありましたからねえ。

              一応、あまり手を掛けずに塗装だけで変化を持たせようかと思いましたが、既に魔改造中(笑)
              さて、どうなりますことやら。


               

              ストラクチャーの製作(その7) 駅舎を作る。

              0
                軽便祭も終わったので、レイアウトの製作に戻りましょう。
                平行して、今回のレイアウトにはあまり関係ない車両や、その他の模型も作っていきたいと思います。

                いよいよストラクチャーのハイライトとも言うべき駅舎を作ります。

                0.5tのアート紙をベースに、エコーのSTウッドを貼りつけ、窓枠もエコーのレーザーカットされた窓枠を使いました。この、レーザーカット窓枠は、今までの印刷窓枠とは違って素晴らしく良い感じに仕上がります。

                工作途中の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。窓枠を貼ったら塗装を行い、薄いビニール板の窓ガラスを入れて内貼りで挟み、箱にしました。

                箱になった状態がこれです。日本瓦もエコーの定番パーツ。



                入口がちょっと珍しいデザインになっていますね。これを見てピンと来た人はジブリ通(笑)



                「となりのトトロ」の「サツキとメイの家」をモデルにしています。

                普通の小型駅舎では面白くないので、何かちょっとしたインパクトが欲しいという事で、このようなデザインにしてみました。

                「サツキとメイの家」の洋風部分は二階建てになっていますが、こちらは単純な吹き抜けとし、窓があるべき部分に駅名板を貼ろうと思っています。

                屋根を含め、アート紙で作っていますが、複雑な形なので中々難しいですね。こちらの屋根は赤く塗る予定です。少し明度を落として暗い感じにしたほうが良さそうです。

                事務所内や待合所などもしっかり作りこむ予定です。事務所内の内貼りも、それっぽく作りました。



                ホーム側から覗き込んでみると、なかなか良い雰囲気。



                細かいディテールアップをしていきたいところではありますが、それは後回しにして、レイアウトに組み込むストラクチャーの製作を続けます。

                 

                ストラクチャーの制作(その6) 鎮守の森を作る。

                0
                  レイアウト作成もストラクチャー制作の段階に入ってきました。
                  今回は、神社とその周囲の森を作っています。



                  鳥居はまだ未塗装です。森の表現は、ジオコレの竹をそのまま使いました。Nゲージ用ですが、背の低い灌木に見立てて鎮守の森を表現するのに丁度良いからです。中央に鎮座まします社は、これまたエムズコレクションの横丁稲荷を使いました。



                  エムズコレクションのストラクチャーは、今まで2個作りましたが、いずれも旧製品でした。最近のものはレーザーカットが多用されていて作りやすくなっているのが良いところです。神社や寺などの建築物は、通常の建物以上に複雑なので、このような製品を利用したほうが、より簡単で実感的なものが作れると思います。

                  特に私が気に入ったのは玉垣(神社の周囲にめぐらされている垣根)の表現で、コンクリート製っぽい感じながら文字の掘り込みなども表現されていて、これを自作するのはかなり大変です。こういうのは積極的にキットを利用すべきでしょう。



                  勢い余って「お狐さま」のセットも買ってしまったので、お稲荷さんにしましょうかねえ。Twitterで助言を頂きましたので、とりあえずここは「茗荷稲荷神社」という事にしておきます。
                  実は、茗荷神社には、ある病気に対する効能があったりします。私は罹患したことはありませんが、気になるかたは是非ググってみてください(笑)

                  神社は、駅前の、駅から見て左側に設置しています。続いて、いよいよ駅本屋とホームの制作に入る予定。

                  ストラクチャーの製作(その5) 郵便局編

                  0
                    さて、ストラクチャーの製作を続けます。
                    今回もベースにしたのはエムズコレクションの中から「はいから商店」です。

                    そのまま作るのは能が無いので、今回は郵便局に改造したいと思います。
                    こんなスタイルの郵便局は結構あちこちにありました。



                    例によって下見板を切って延々と貼り付け。正面の引き戸の部分を郵便局風の入口と背の高い窓に変えます。

                    一日掛ってここまで完成。今回のものはトタン屋根仕様になっています。明日は屋根を乗せられるかな?
                    二階建てなので、前回作った本屋さんより、かなり大きめです。



                    ところで、昔の郵便局の中って、どんな設備があったか余り覚えていません。特に二階部分は謎ですね。簡易郵便局ではないので、住所兼用ではないと思うのですが。

                    そういう資料、どこかに無いですかねえ。

                    ※特定郵便局には、個人所有の住宅兼用施設もあったようです。

                     

                    ストラクチャーの製作(その4) 古本屋編 内装の製作

                    0
                      ゴールデンウィークなので、レイアウトの製作を一気に進めたいと思います。

                      まずは制作中のストラクチャーを何とかしましょう。
                      本屋さんを作っていたのでした。本棚には本を入れないといけないですね。

                      ネットで拾った実物の背表紙の写真をコピーして、1/80スケールに縮小します。
                      解像度を上げて、絵が潰れないようにしておきます。300dpi程度で十分だと思います。

                      これを普通のコピー用紙に印刷し、3×3ないし4×3の角材に接着します。



                      写真の本は少年ジャンプです。言われてみると、そんな感じに見えますよね。
                      これを適当な大きさに切り取って、本棚を埋めていきます。簡単な作業なんですが、意外と時間が掛かってしまいました。



                      最下段の平積みの雑誌は鉄道模型趣味とか、模型とラジオ、平凡パンチなんかの古い雑誌の表紙をコピーして使いましたが、何だか分りませんね。(苦笑)
                      さて、いよいよこれらの本棚を組み込んで行きます。



                      奥は三畳間とし、畳を表現しましたが、隠れて殆ど見えません。その手前に障子を並べ、さらに張り出しの縁側を取りつけて、そこに人形を座らせます。
                      本を読んでいる店番のお姉さんにしてみました。



                      その手前に机を置きます。机の上にも雑誌を置きました。ここにはもう少し小道具を置きたいところです。
                      写真の左手奥はトイレでしょうか。この中は完全に見えない部分なので、省略しました。
                      それらしい感じのドアを半開き状態にして、おおむね完成です。



                      入口から覗くといい感じ!作りこみ過ぎの嫌いもありますが、レイアウトビルダーとしてはこれくらいの遊びは入れたいところですね。もっとも、屋根を載せちゃうと薄暗くて何も見えなくなってしまいます。室内灯は必須ですね。



                      屋号の入った看板など、もう少し手をいれますが、それはレイアウトの製作が進んでからにしましょう。

                      明日以降は、いよいよベースボードに着工です。




                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 猫屋線DLの動力化・・・
                        雀坊。
                      • 猫屋線DLの動力化・・・
                        YANチョ
                      • 猫屋線コンテストでRMM賞を頂きました。
                        雀坊。
                      • 猫屋線コンテストでRMM賞を頂きました。
                        YANチョ
                      • 越後交通 栃尾線の車両たち
                        雀坊。
                      • 越後交通 栃尾線の車両たち
                        Tad
                      • レベルカラーの話
                        雀坊。
                      • レベルカラーの話
                        桜山軽便
                      • レベルカラーの話
                        雀坊。
                      • レベルカラーの話
                        栂森

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      profile

                      書いた記事数:247 最後に更新した日:2017/12/10

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM