ロボットを作る(1) ウィーゴの改造「重雷装ウィーゴ・北上」

0
    しばらく鉄道模型ばかり作っていたので、少し浮気することにします(笑)

    私は世代的には特撮全盛期に幼稚園から小学生だったので、圧倒的に怪獣小僧で、アニメ系ロボットにはあんまり興味ありませんでした。
    ロボットアニメ黎明期には、チャンネル権が妹にあって、魔女っ子アニメばかり見せられていましたし(おかげで主題歌は今でも全部歌えるw)、機動戦士ガンダムの初回放送時には、高校3年生という受験期だったこともあって、その洗礼を受けていないということもあるのかもしれません。

    しかしながら、模型に復帰し、アニメなども積極的に見るようになった今になっても、ガンダム系ロボットには萌えないのですねえ。

    それは何故かと考えてみて、ある結論に至りました。
    ガンダム系のロボットはカッコ良すぎるのです。

    まず、足が長くてスタイルがいい。敵キャラには丸っこいのもいますが、丸っこいやつも意外と良い体形してます。このデザインは「大人の事情」っぽい気がしますが、そこには触れないでおきましょう。
    では、カッコ悪いロボットが好きかと言われると、そうでもない。特撮の戦隊シリーズに、これまた「大人の事情」で出てくる無意味な巨大ロボは、人間の手足に張りぼてをくっつけた感があってカッコ悪いのですが、あれは本当にカッコ悪くて嫌いなのです。

    では、何がダメなのかというと、三角形の安定感だという事に先日気が付きました。
    アニメ、実写を問わず、この手の大人の事情ロボットは、玩具化前提でデザインされています。従って、きちんと立つことが第一要素なのですね。このため、足回りが大きいのが一つの特徴です。
    そして、スタイルは良いのですが、総じて三角形型。すなわち、足がでかくて頭が小さい。このスタイルの継承であり、バリエーションです。

    ガンダムシリーズのズゴックという丸っちいのですら、足が異常にでかい。本体は逆三角形ですが、そこからでかい足が出ているので安定感があります。この、でかい足というのが私の好みに合わないんだと気づきました。

    スタイルが良くて足のでかいロボットというのは、現代アニメロボの基本形のように思います。それがダメなので、最近のアニメロボットには興味が持てないんだなと気づくと、色々納得がいきます。

    80年代にブームとなり、その後復活したSF3D(マシーネンクリーガー)は、とても好きなのですが、こいつら足が短くてスタイルが格好悪い。一番好きな二足歩行戦車「クレーテ」に至っては、頭がでかくて重心が高く、不安定な感じです。これがいい。

    ああ、なるほどな。という気がしました。

    だから、装甲騎兵ボトムズというアニメに出てくる、スコープドッグというロボットも、もうちょっと足が細くて不安定ならいいのにな、と思ってしまいます。

    そんなわけで、ロボットプラモデルには殆ど食指が動かなかったのですが、ピンと来ちゃったプラモデルが最近発売になりました。

    それが、メカトロウィーゴです。元々はダイキャストモデルらしいのですが、これがハセガワからキット化されました。小林和史さんというモデラーのかたのデザインになる商品です。小林さんのサイトはこちら↓

    http://moderhythm.blog26.fc2.com/

    丸っこいデザインにガニマタの不安定な足。お世辞にもカッコいいとは言えませんが、これがいいんですな。ガニマタLove!!(笑)

    早速、艦これ風のアレンジを加えて作ってみました。題して「重雷装ウィーゴ北上」



    魚雷発射管などのパーツは1/350のパーツセットから流用。あとはジャンクパーツの組み合わせです。



    Twitterに投稿したら、意外と好評だったので、もうひとつ同じコンセプトで作るつもり。



     

    1/72 ロボット?怪獣みたいなのを作ったりする(3)

    0

        おおよその形になったので、今日は塗装をしました。全部筆塗りです。
       まずは可動部分の足回りと手を分解。



       影の部分に超艶消しのビシャビシャ薄め黒を塗ります。その上から、本体色を塗るんですが、色々考えて青22号(京浜東北線のポリバケツ色)にしました。これにもフラットベースを入れたのですが、混ぜ方が不十分で、少しテカリが出てしまいました。大失敗。
       肩当てと股の前後のカバーは総武線のカナリア色です。
       あとは、角を白く塗り、ぐるぐる巻きにした部分を赤で。これはオリジナルのミクラスを意識しています。後ろ側にたくさん付けたベンチレーター類もまとめて塗装。



       操縦士のガキは白いシャツに黒の半ズボン。靴も黒です。ちょっと生意気な感じにしていますが、はてさて。



       あとはウォッシングとかドライブラシとかウェザリングとかです。もう少し何とかしたいですねえ。鉄道模型とは随分勝手が違います。そこが楽しいのですが、全体的にもう少しトーンと艶を抑えるべきでした。



       解体寸前のDMCレイアウトの上で記念撮影。やっぱり、ジオラマは良いですね。専用のジオラマベースを用意しなくちゃ。



       少し行き詰っていたので、良い気分転換になりました。次はいよいよ祭のお題に着手します。

       


      1/72 ロボット?怪獣?みたいなのを作ったりする(2)

      0

          というわけで、三連休の息抜きに、マシーネンクリーガーのグスタフを作っているのですが、こんなんなっちゃいました。



         メカミクラス!

         ミクラスといえばウルトラセブンで有名なカプセル怪獣。私が一番好きな怪獣のひとつです。これをロボット化したらどうなるか、という感じで作ってみました。そもそもカプセル怪獣って、生きてるのかロボットなのか微妙ですよね。ウィンダムなんか、ロボットっぽい感じがするし。



         最初は中に人が乗るんじゃなくて、鉄人28号式のリモコン操作タイプにするつもりだったのですが、真ん中のくぼみに小さな子供の人形を乗せたらぴたりとハマってしまったので、これはアーマードスーツという事にします。



         いや、違うかな?ただ座ってるだけかも。まあ、そのあたりはいい加減なのです。

         頭の上のほうとか横のほうに、鉄道ファンおなじみのパーツをちりばめました。こういうのは良いアクセントになります。

         さて、明日には塗装ですが、どんな感じに塗りますかねえ。ロボットというと、鉄人、ジャイアントロボ、マジンガーZで打ち止めなんですが。あ、キングジョーもいるか。


         


        1/72 ロボット?怪獣?みたいなのを作ったりする(1)

        0
           さて、次のお題はレールカーなのですが、ここの所暑くて細かな作業はしたくないので、もう少し気を抜いて、自由な発想で模型を作りたいなと思います。

           その昔、ホビージャパンという模型誌がありまして、そこに、横山宏氏がSF3Dという作品群を発表されていました。のちに、日東化学からプラモデルとして発売され、随分作ったものです。1983年くらいでしたか。丁度、TMSに今話題の七軒村軽便が紹介されたころですね。

           その後紆余曲折あって、現在はマシーネンクリーガーという名前になり、倒産した日東に代わって、各社から模型が出ているようです。

           久々にヨドバシカメラに行ったところ、この懐かしいSF3Dの模型がリニューアルパッケージで販売されていましたので、買ってきました。今回はこれをいじくります。



           あれー?こんな模型だったかなあ?殆ど接着剤を使わないで組めますね。でも、まともには作らないのです。
           とりあえず、こんな感じになりました。



           まだまだ手を入れますよ。この3連休は、こいつで遊べそうです。

           そうそう、こんな模型も買いました。ロシアのアーマードレールカーですね。ツェッペリンという名前が付いていますが、どういう事なのでしょう?



           この手の車両については、全く情報がないのが困ったものです。  

          1

          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << October 2017 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 越後交通 栃尾線の車両たち
            雀坊。
          • 越後交通 栃尾線の車両たち
            Tad
          • レベルカラーの話
            雀坊。
          • レベルカラーの話
            桜山軽便
          • レベルカラーの話
            雀坊。
          • レベルカラーの話
            栂森
          • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
            雀坊。
          • 趣味の入門書(その4)「たのしい鉄道模型」
            栂森
          • 「猫屋線」並走させる本線は?
            雀坊。
          • 「猫屋線」並走させる本線は?
            YANチョ

          recommend

          recommend

          recommend

          recommend

          profile

          書いた記事数:239 最後に更新した日:2017/10/10

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM